スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポメラDM20が故障 その3

5ヶ月も経ってしまいましたが、
一応事後報告という事で、記事にしようと思います。

事の発端は、私の愛用しているポメラDM20のキーボードに不調が出た事でした。
そして、キングジム社に問い合わせをして、ポメラを修理に出してー…
そこで記事は終わっていたんですよね。
やはり、きちんと完結しないと気持ちが悪いので、ちゃんと書いていこうと。

前回までの記事はコチラ↓
 『ポメラDM20が故障』
 『ポメラDM20が故障 その2』



端的に書いてしまえば、修理しました。
掛かった修理費の総額は、9,555円でした。
この修理費には、帰りの送料・代引き手数料も含まれています。

修理の内容は…
・故障箇所…キーボード不具合 (フレキシブルケーブル折れ)
・修理内容…DM20 キーボードユニット交換
      機能チェック・内部点検

…でした。
この修理内容を見る限り、私の指摘したフラットコード、
つまり、フレキシブルケーブルを『ケーブルだけ交換』は出来なさそうですね。
恐らく構造上の問題なのでしょう。
ケーブルだけを交換する方が、人件費なり時間なりが掛かったり、
技術的に複雑になったり、はたまた構造が複雑だったり…
理由は何であれ、ケーブルを交換する為には、
キーボードユニットごと交換しなくてはならない、という事ですね。
まぁ…修理費としては妥当だったんじゃないかと思います。
修理費として見れば、です。


私としては、やはりDM20には愛着があったので、
やっぱり復活してほしかったんですよね。
総額も1万未満でしたから、その時は『修理!』と決定したのですが、
5ヶ月経った今、考えると…
う~ん…
正直『微妙な選択だった』という感じですね。
理由は2つあります。

それは…
・何だかんだで、結局は稼働率が上がっておらず、お暇を与えている事。
・フレキシブルケーブルは、結局『折りグセ』が付く。
…という事です。

稼働率に関しては、私がドラノベを更新出来ていない、というのもそうなのですが、
それ以外の部分でも、使用ケースが見当たらなかった為でもあります。
ちょっとしたメモなら手書きで…なんてやってしまっていては、
そりゃポメラの稼働率は上がりません。
いや、本当にちょっとしたメモなので、いちいちポメラを起動して打ち込むより、
手で書いた方が早いぐらいの、ちょっとしたメモなんです。
だから稼働率はちっとも上がらない。

ケーブルの『折りグセ』に関しては、
修理直前の、いわゆる致命的な物(ピシーっと入った物)ではなく、
何とな~く、その部分が折り目ですよ、と言わんばかりの曲がり方で、
クセになってしまっています。
色んなコードとかの折りグセと、似たようなレベルなので、
現状なら全く問題は無いレベルですから、故障の心配は無いのですが、
いや、修理直後に見た時は、こんなんじゃなかった…!
5ヶ月経った今だからこそ、そういった見方・評価が出来るのですが、
うん、修理直後にはクセなんてなかった…!
この折りグセが長い年月を経て、いずれ断線…という事になるのは明白なので、
う~ん…
やはりこれは、ユーザーとしてはちょっと書きにくいのですが、
やっぱり構造上の欠陥、もしくは、耐用年数のレベルが低い、
そうなってしまいます。
う~ん………

じゃあ、何故そう思ったのか、理由を明記したいと思います。
このフレキシブルケーブルは、
キーボードを畳んだ状態、開いた状態のどちらでも、
必ず、ケーブルの端か中央のどちらかの部分は、
結構な角度で折り曲がっており、負荷が掛かります。
一番負荷が掛からない位置は、キーボードが90度前後で曲がっている時、
この時は、フレキシブルケーブルの曲がり方にもゆとりがある訳ですが、
もちろん、ポメラの構造上・仕様上、そんなのは不可能な訳です。
ただ単に置いておく時だって、普通ならポメラを畳む訳です、
悪くても開きっぱなし。…そのどちらかなのです。
キーボードを90度前後で曲げ、その状態を維持して置いておくなんて、
全く現実的ではありません。
キーボード折り畳みのポメラは、DM20だろうが、DM25だろうが、
常にフレキシブルケーブルに負荷を掛ける様にしか設計されていないのです。
私は技術者ではないので、技術的な事は分かりませんし、
専門家から見れば、この程度のケーブルの折れなら問題ないと、
跳ね除けられるのかもしれませんが、
実際に断線したユーザーから見れば、この折りグセは見過ごせません。
そりゃ、構造上の欠陥とも言いたくもなりますし、
耐用年数が低いと言いたくもなります。
…ユーザーとしては残念ですが。

ポメラがしっかりとした耐久テストをされている、という記事を読んだ事がありますが、
それは、落下試験等の耐衝撃面での話しであって、
このフレキシブルケーブルの件には当てはまらないと思うのです。
こんなペラッペラなケーブルを、常に曲げている訳です。
そして、キーボードを開閉する度に、負荷が掛かっている部分に力が掛かりますから、
更に寿命を縮める訳です。
…もうちょっと構造は何とかならなかったのかと思うのですが…


私の場合は、『稼働率が低い』という事も、折りグセに拍車を掛けている事と思います。
いや、だってほら、常にポメラは畳まれている訳ですから、
ケーブルも曲がったままな訳です。
髪の毛だって寝グセが付くんですから、コードだってクセが付きますよね?

ですが、1つだけ書かせてもらうと、
説明書には一切、書かれていないんですよ。
『長期間、ポメラを畳んだ状態にしておくと、部品を痛める恐れがあります』
…という様な意味合いの文面は。
つまり、長期間ポメラを畳んだ状態にしておく事は、
別に、禁止事項でもなければ、説明書の逸脱事項でもない訳なんです。
「やっちゃダメ!」と言われていない事をやって痛むという事は、
そりゃ、構造上の欠陥としか…
とにかく!
適度に使いましょう、という事ですね!



以上が、私がポメラを修理して、5ヶ月経過して感じた事でした。

前回までの記事で何度も書いてきましたが、
私はポメラが好きです。
このコンセプトが好きなんです。
別に会社や商品が嫌いな訳ではないんです。
一ユーザーとして、心の底から思った事、感じた事を残したまでで、
キングジム社、及びポメラを批判するつもりは一切ありません。
もちろん、フレキシブルケーブルに関しては改善してほしいし、
DM100は購入予定で計画を立てていますし…
嫌いだったら購入予定なんて立てずに、とっととPCを新調しているぐらいです。

ただ、キングジム社には知ってもらいたいとは思います。
ポメラが世に出て、年月が経ち、
こういった問題が表面化しだしているという事実を。
ポメラユーザーが皆、故障した時に修理に出すか、問い合わせをするか、
そんなの一部だと思うんです。
「多発している症状ではございません。」
…そうかもしれません。
しかし、数件の修理事案があるのだとすれば、
それは氷山の一角と考えて、是非対策をして頂きたいと思います。
だって嫌じゃないですか?
自分の愛用している機械が、ケーブル断線で使用不能になるなんて。
特にポメラの場合、自分で引っ張って断線する様なケーブルではありません。
あくまで『構造上の断線』なのです。
DM25が同様の構造という事も回答を頂いた訳ですが、
だからこそ!
断線対策をするとか、いっそフレキシブルケーブルを使わずに済む様な、
別の内部構造にするとか…
出来ると思うんです、キングジム社なら。
末永く使っていこうと、誰もが思っているハズです。
だってそれは、ポメラだから。
ポメラはパソコンではないハズです。
スペック不足で買い替えなんて、必要無いハズなんです。
だから末永く使いたい。
だからこそ、この問題は勿体無いと思います。

この問題が改善される事を、一ユーザーとして切に願っています。

コメントの投稿

非公開コメント

同じです

私もDM20をもっていて、正直数えるほどしか使わなかったにもかかわらず、ある日使おうとしたら同じような症状が出て使えなくなりました。修理代はやはり1万円ほどと言われました。
ほとんど使っていなかったのに使えなくなり、正直、今どきの日本企業の製品とは思えない欠陥商品と言わざるをえません。
おそらく、同じような症状が出ている物がたくさんあると思います。ユーザー側に非がないのに修理費もユーザー負担という点も、同社の企業姿勢に強い不信感を持ちました。
今後は、同社の製品は特に高額な物は2度と使いたくないと思っています。

Re: 同じです

ねこさん、コメントありがとうございます。


> 私もDM20をもっていて、正直数えるほどしか使わなかったにもかかわらず~…

恐らくですが、この問題は『使用頻度が低いポメラ』に発生するのではないかと、
勝手に思っていたりします。
記事でも書きましたが、やはり折りグセが根本的な原因と思われます。
という事は、頻繁に使用して開閉を行っているポメラは、
クセが付きにくいという事になります。
ですので、この症状は使用頻度が低いポメラに発生する事例かな…と。
キングジム社としては、使用頻度までは想定していなかったのではないかと思います。


> ほとんど使っていなかったのに使えなくなり~…

人により感じ方は様々かと思いますが、私も同感です。
これは壊れた身でしか分からない感情かと思いますが、
たった1つ、フレキシブルケーブルの問題だけで、
ポメラという商品全体の価値を下げてしまっている、というのが、
何とも勿体無いというか、台無しにしてしまっているというか…
「じゃあDM100買って下さい」
というのは、筋違いですし…
本当に、この問題は勿体無いと思いますし、
私としては、今後は改善していってほしいな、とは思います。


> おそらく、同じような症状が出ている物がたくさんあると思います。

…そう思います。
これは氷山の一角にすぎず、まだまだ出てくるのではないかと思います。
特に、使用頻度が低いポメラに関しては、本当に危ないかと…
使用頻度が低いという事は、この問題が発生していたとしても、
使われていないが故に、持ち主に気付かれず、
そのままの状態になっている物も、きっとあるハズです。


> ユーザー側に非がないのに修理費もユーザー負担という点も~…

これは難しい問題ですが…
ねこさんのおっしゃる事も、もちろん一理あります。
私も同じ気持ちになりましたし、これは構造上の欠陥だろとも思いました。
ただ…キングジム社を擁護する訳ではないのですが、
メーカーとしても、いつまでも保障をする訳にもいかないのも事実ではあります。

一方で、キングジム社が「多発している事例ではない」と言っているのは、
ユーザーの発信数が少ないという事も表しています。
『この問題で修理や問い合わせが少ない』
『インターネット上で、この問題の書き込みが少ない』
…キングジム社としては、この現状ではそう回答せざるをえないのでしょう。

もちろん、キングジム社に非が無い訳でもありません。
記事にも書きましたが、説明書には『長期間の未使用期間』について、
一切の記述がありませんでした。
この事は、キングジム社が使用頻度を想定していなかった事を表しており、
「まさかフレキシブルケーブルが断線するハズは無い」
…という考えの上に成り立っています。
どれだけ厳しい落下試験をクリアしようとも、
フレキシブルケーブルに関しては、想定していなかったか、
もしくは、初めから『消耗品』と割り切っていたのか…
とにかく、フレキシブルケーブルに関しては、
キングジム社はチェック不足であったか、知識不足であったか、
想定外であったか、消耗品想定だったか…
何にせよ、これは明らかにキングジム社の『不備』です。

会社に不備があったのであれば、これはリコール扱いとも考えられますが、
問題なのは、先に書いた通り、
『ユーザーからの声が少ない』
という点が挙げられます。
大多数のユーザーから声が上がれば、さすがに企業としても問題ですから、
ユーザーに告知をして無償修理・点検・交換となるのでしょうが、
いかんせん、声が少なかったのも災いとなってしまいましたね。
まぁ、頻繁に使っているユーザーには、こんな問題は起こらなかったかもしれませんから、
その辺りは何とも言えないですけどね。


後継機のDM25でも、この問題が起こるのではないかと、
ちょっと心配しています。
こういう問題が続くと、今度はユーザー離れに繋がる訳ですので、
…キングジム社には、是非とも改善してほしいと思います。

同じ感じです

久しぶりに開いたDM20ポメラのカーソルやエンターキーがまったく動かず、ネットで検索していたらこちらのブログにたどりつきました。
症状もほぼ同じだと思います。
私は3年ほどまったく使っておりませんでした。買った当初の箱に詰めて陽にも当てず保存はきちんとしていたんですが…

ゴムでできている部分がすべてベタベタしてしまっていて、開け閉めもしづらくなってしまい動かないキーがいくつもあるのでもう廃棄しようかなと思っています。
つらいのは、特に酷使していたわけでもなくちゃんと保存していたにもかかわらず壊れてしまったこと。
キングジム社に連絡したほうがいいのかどうか、迷っています

Re: 同じ感じです

zusaさん、コメントありがとうございます。


> 症状もほぼ同じだと思います。
> 私は3年ほどまったく使っておりませんでした。
 買った当初の箱に詰めて陽にも当てず保存はきちんとしていたんですが…

そうですか…
やはりDM20のトラブル、結構ありそうですね。
恐らく、キングジム社のテストというのは、
『使用していた場合の耐久性』
であると、私はキングジム社とのやり取りで感じました。
という事は、どれだけ保管をしっかりしていようと、
使っていなければ劣化はする、という製品なんですね。
これはこれでどうかと思いますが、
もうDM20も、販売から随分と経ちますので、
致し方ない点もありますが…


> ゴムでできている部分がすべてベタベタしてしまっていて~…

ゴムやシリコンは、次第に劣化していきやすい素材ですから、
これは劣化の典型的な症状かと思います。
ポメラに限らず、ゴムやシリコンは経年劣化で溶けやすいです。
私のG-SHOCKも、かれこれ十数年使い込んでいますが、
やはりジワジワとシリコン部分が溶けて、少しべた付きもあります。
これは素材の特性上、仕方の無い事ですので…


> つらいのは、特に酷使していたわけでもなく
 ちゃんと保存していたにもかかわらず壊れてしまったこと。

これ、きっと誰もが思う事だと思うのです。
私も同様に、ポメラにはお暇を与えていました。
にも関わらず、このザマです。
…イヤになりますよね。

『使っていなくて壊れる』
…これだけ見れば、絶対的に欠陥であるとは思うのですが、
大抵の電子機器の保障期間は1年と考えると、
恐らく、その1年間は持っていたハズです。
会社からすれば、保障期間は持ったのだから、
製品としての欠陥は無いと主張できる範囲です。
ですので、修理も有償になる訳で…
…ますますイヤになりますよね。


> キングジム社に連絡したほうがいいのかどうか、迷っています

そうですね…zusaさんが『どうしたいのか』が重要かと思います。
恐らく、このブログの記事ではキングジム社には届きません。
まず考えるべきは、
・修理をする
・修理をしない
…ここですよね。
修理をするのでしたら、
まだ修理可能であるのか、どの様な症状になってしまったのか、
それをお互いに知る為に連絡をオススメします。

修理をしないのでしたら、連絡の必要はありませんが、
・今後のポメラの開発に役立てたい
・今後キングジム社により良い製品を作ってもらいたい
…こう思われるのでしたら、
『こういう症状で故障してしまいました』
という旨を伝えるのも1つかと思います。
ただ、修理をされないのでしたら、
出来るだけ冷静に症状を伝えないと、
ただのクレーマーになってしまいますので、
その辺りはお気をつけ下さい。
プロフィール

岩田

Author:岩田
素敵なドラゴン、いないかな…

ドラゴン・龍・爬虫類好きな、
ドラゴンノベルを書いてる人。
趣味は和太鼓・DTM・自動車関係・自転車・ラジコン・
ゲームなどなど。

訪問者数
最新記事
カテゴリ
リンク
月別カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ユーザータグ

ドラゴン  振り返り センコークーラ フィー ドラゴンドライブ フィット ドラノベ ポケモン アルト 燃費 イラスト DTM ヨーヨー ヘッドホン SOLiVE24 ノベル イヤホン リザードン 桶太鼓 ドラゴンセイバー  ノベログ 献血 サンダードレイク 太鼓 MIDI チャッパ  インテ 備忘録 mp3 シンダー オリジナル トライバルドラゴン 色違い チョコボ ラジコン デザートゲイター スパイロ バハムート チョコボスタリオン プリンター 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。