スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私と『色違いリザードン』

いつか書こうと思いつつも、ずっと書かずにきていたので、
今回は『念願の』記事でもあります。

『リザードンは俺の嫁』
なんて言っている身ですから、やっぱり外せない事があります。
『色違いリザードン』
色違いですよ、色違い!
あの黒ベースのリザードン、カッコイイですよね~。
もちろん私も持っています。
『自家製』で、ちゃ~んとニックネームだって付いていますよ。

え?
どうせ1匹の自慢話だろって?
いやいやいや、甘い甘い!
え?
どうせポケモンセンターで配信されていた『メガトウキョーのリザードン』だろって?
いやいやいや、上でも書きましたけど、『自家製』です。
(メガトウキョーのリザードン配信は1/16で終了しました)

メガトウキョーのリザードンを除外して、自家製の色違いリザードンは…『3匹+α』です。
そんな色違いリザードン達を、画像と一緒に入手経緯も含めて書いていこうと思います。



さて、まずは順を追って書いていこうと思います。
色違いのポケモンは、そもそも遭遇確率が非常に低いレアなポケモンですが、
ポケトレ連鎖など、何らかの手段を用いて遭遇確率を上げる事は可能です。
…が!
リザードン、つまりヒトカゲの色違いというのは、野生で遭遇は不可能です。
ですからポケトレ連鎖などの手段は不可能。
では、どのタイミングで入手が可能なのか?
ヒトカゲは御三家ですから、最初に貰うタイミングが1つ、
そして、タマゴで見つける方法が1つ、
この2つのタイミングしか無い訳です。
これには私も、最初は頭を悩ませたものです。

ただ、やはりある方法で色違い入手確率を上げる事が出来たんですね。
それが…『国際結婚』
海外産のポケモンと国内産のポケモンを、一緒に育てやに預ける。
そうする事で、色違いになる確率がグンと上がるんです。
それでも○千分の一…といった低確率だった訳ですが…

で、次です。
私がそれを知ったのは、DPの時代。
今思えば、もう随分と前ですね。
私はパールをプレイしていたので、そこでGTSを使い、海外産のリザードンを入手!
これで準備は整いました。

少し脱線しますが、当時のポケモンプレイヤーには記憶にあるかと思うのですが、
『みんなのポケモン牧場』って、ご存知ですか?
このソフト、今で言うポケモンバンク的なソフトで、
ポケモンを大量に預けておける『Wiiウェア』のソフト。
何故このタイミングでこのソフトが出てくるのかというと、
私にとってはこのソフト、色違いリザードン入手に大きく関わっていたんですよ。
このソフト、
ポケモンを一定数預けると『ミュウ』と『フィオネ』を入手する事が出来たんです。
ここまで書けば、もうお分かりですよね?

色違いヒトカゲを入手するには、膨大な数のタマゴの孵化作業を強いられます。
となると、生まれてくるヒトカゲも膨大な数になる訳です。
それをパールのボックスに入れっぱなしでは、
すぐにボックスのキャパが無くなってしまいます。
そこで!
ポケモン牧場へ預け、ミュウとフィオネを入手した時点でデータを消すと…
ボックス内のヒトカゲを逃がす作業も無く、スムーズに作業を続けられた…という訳です。
珍しいポケモンも入手出来て、一石二鳥!
なので、ポケモン牧場にはお世話になりましたね~。


では、前置きが長くなりましたが、ここからが本題!
上記の様に、タマゴ孵化作業は全てパールで行われました。
ですから、私の色違いリザードンの出身ソフトは、全てパールです。
つまり『シンオウ地方』出身となりますね。


まずは親の紹介から。

↓父
DSCF0009_2015011615563777a.jpg

DSCF0010_20150116155632ff4.jpg

ホウエン出身です。
ニックネームは…セパルトラのそれに準じています(笑)
この段階で『げきりん』を覚えているのがミソだったりします。
(当時、ドラゴンタイプは『とくしゅ』扱いでした)
ホウエンの段階で、技の遺伝を何とかしていたんですよね~。


↓母
DSCF0011.jpg

DSCF0012_20150116155700b18.jpg

こちらはカントー出身。
父が国内産なので、母が海外産という事になります。
両者共に『かえんほうしゃ』をおぼえていたので、
遺伝技にかえんほうしゃが残ったのが助かりました。
当時は技マシンも使い捨ての時代でしたから、
タマゴから生まれた段階で強力な技を覚えているのは、育てるのがラクでしたね~。


さて、そんな親から生まれた1匹目の色違いは、とにかく色々とこだわりました。
生まれる場所もその1つだったりします。

DSCF0001_20150116155554246.jpg

DSCF0002_20150116155555d24.jpg

現在は『ハートゴールド』にいます。
それはもちろん『連れ歩き』が出来るからです。
連れ歩きのグラフィックも、しっかり色違いですから、もう何て言うか…優越感が…(笑)

ニックネーム『バハムート』は、
やっぱりその色合いから「付けたいな~」と思っていたので(笑)
技もバハムートっぽい技をチョイスしています。
ソーラービームとか、当時は何も考えずに覚えさせていましたね。
生まれた場所『まんげつじま』は…とにかく大変でした。
え?何が大変かって?
記念すべき『初』色違いリザードンですから、生まれた場所にはこだわりたかったんです。
なので、私が取った手法は…
『全てのタマゴで、貰った直後にセーブ』
…いや、いわゆる『爺前セーブ』ではありません。
それは貰う前にセーブする事ですので、これは当てはまりません。
貰ってしまったら、もう内部の数値は決まってしまっているので、
これは『そのタマゴが色違いか、そうでないか』のセーブなのです。
ですから…生まれるまでは本当に大変でしたね~。

ちなみに、確か1000匹以内で出たんじゃないかな…
というか、全ての色違いヒトカゲが、
やり始めてから1000匹以内で出ていたと記憶しているんですよね。
初めは「出ないな~」なんて思いながらやっているんですけど、
いざ出ると「おぉっ!もう出た!」って思う訳ですよ。
『もう』ですよ『もう』
これはやった事がある人にしか分からない感情だと思います(笑)


さて、時代は変わり…
巷は『ブラック・ホワイト』の時代。
『これまでのポケモンは、ブラック・ホワイトに一方通行で送れる』
…例のアレです。
これには当時の私は悩みました。
『ハートゴールドのバハムートを送ってしまえば、
 連れ歩ける色違いリザードンが居なくなる!』
…と。
じゃあどうするか?
皆さんなら、どうします?
ためらわずに送ります?
私には出来ませんでした。
送ってしまうと、生まれた場所の記録が消えてしまうのも、ためらうポイントだったんです。
なので…
『もう一度、色違いのヒトカゲを入手しよう!』
…となったのでした(笑)

再びパールでの作業です。
前回、1000匹以内で入手出来たので、今回は時間掛かるだろうな…と思っていたのですが、
上でも書いた通り、何と今回も1000匹以内で色違いヒトカゲが!
いや~…それでもやっぱり大変は大変です。
実は、前回の色違いヒトカゲで『行ける』と思った私は、
他のポケモンでも国際結婚で色違いを…と挑戦していたのですが、ことごとく失敗…
なので、今回の色違いヒトカゲは時間掛かると思っていたんですよね。
ただ、今回は送る事を前提としていたので、孵化する場所にはこだわらず、
セーブも毎回行わず、だったので、作業的には少しはラクでした。

で、今回の子は…

DSCF0003_20150116155556d31.jpg

DSCF0004_2015011615555890f.jpg

現在は、ホワイト・Yを経て、オメガルビーにいます。
『かみなりパンチ』はオメガルビーで教えていますが、
ほら、『げきりん』はしっかり受け継いでいます。
ホワイトはグラフィックが動くんですけど、そもそも図鑑にも色違いの記録が残ったので、
まぁ…いいかな、と思い、Yへと送った訳です。
と、先の話しをしましたが、一応送り先は『ホワイト』でした。

ちなみに、この頃から私は『色違いポケモンパーティ』構想を持ち始め、
それに伴い、『色違いのポケモンには、戦闘機の愛称を付ける』と、統一しました。
なので、この子の『ホーネット』というニックネームも、そういった理由からです。

それから、画像を良く見てほしいのですが、
この子…『ポケルス持ち』なんです!
珍しいでしょ~(笑)
ポケルスは、オメガルビーの『てんきけんきゅうじょ』攻略前辺りで、
知らない間に発症していました。
手持ちを確認したら、「えぇっ!?…ポケルス!?」と、驚いたものです。
なので…ポケルスも自家製のポケルスだったりします。
ホーネットには、その後で伝染させました。
自家製の色違いリザードン、自家製のポケルス…
豪華でしょ~(笑)


また時代は変わり…
ついにポケモンは3DS(X・Y)へ!
ここで、発売前情報で『メガシンカ』の存在が出てきます。
そうです、リザードンのメガシンカ。
最初はメガリザYしか公表されていませんでしたが、
アニメ『ポケットモンスター・ジ・オリジン』にて、メガリザXが公表されたのです。
そうです、リザードンのメガシンカは2種類。
しかも…
一方は『とくしゅ型』、もう一方は『ぶつり型』です。
おいおいと思いつつ、私は別の心配をしていました。
『ホーネットだけだと、両立出来ない』
という点。
じゃあ、バハムートをハートゴールドから連れてこれば…
いやいやいや、それだと…これまで連れてこなかった意味が無くなる!
(ちなみに、X・Y両方購入なので、メガストーンは問題ありませんでした)

問題はもう1つ浮上しました。
『ポケモンの移動は、ポケモンバンク・ポケムーバーを使用する』
…という事。
しかも、ポケモンバンク・ポケムーバーは年間での利用料が掛かるという…
それはつまり『利用料を払わないのなら、過去作から連れてこれない』という事です。
これまでは、手段は何にせよ、過去作からの移動に金銭は絡みませんでした。
だというのに…X・Yからコレですよ。
一応、救済処置的に『一ヶ月無料』となりましたが、
それ以降はカネが掛かる訳です。
いやさすがにそれはちょっと…

ホーネットだけ送るか、それともバハムートを連れてくるか…
考えている猶予は、あまりありません。
無料期間は一ヶ月しかないのです。
う~む…
皆さんなら、どうします?
ホーネットだけ、送ります?
それとも、ハートゴールドからバハムートを引っ張ってきます?
私は…どちらも選択しませんでした。
つまり…
『もう1匹、色違いのリザードンを用意し、ホーネットと一緒に送る』
…という、また面倒な道を選択したのです。
いや、メガリザが両立出来ないのは嫌ですし、
バハムートは『まんげつじま』の記録が大事な訳で…

そんなこんなで、三度パールでの作業です。
いや、さすがに今の自分でも思うんですけど、
いくらリザードンが好きだからって、ここまでする人、いないんじゃないかな…なんて。
まぁ、私は『嫁』宣言していますので、ここまでしちゃったというか…(苦笑)
…とにかく!
3匹目の色違いを入手すべく、作業開始です。
で、結果は今回ももちろん1000匹以内で入手という、
何とまぁリザードンに関しては運があるというか何と言うか…
無料期間内に無事、送り出す事が出来た訳です。

それが、この子『ライノ』です。

DSCF0005_201501161555517a6.jpg

DSCF0006_201501161556343f5.jpg

最初は、ライノとホーネット、どちらを物理で、とちらを特殊にするか、
決まってはいませんでした。
ただ、性格的にライノは特殊向きだな~と思ったので、
ホーネットは必然的に物理型になりました。

この『ライノ』というニックネームは、『ホーネット』の後に生まれてきたからなんです。
詳しくは『F/A-18』で調べてもらえれば出てくると思います。
本当なら『スーパーホーネット』としたい所でしたが、
そんな長いニックネームは付けられません。
じゃあ『Sホーネット』なら可能かというと…無理なんです。
確かに現在のルールである6文字ニックネームには当てはまりますが、
そもそもライノが生まれたのは…パールです。
そこでニックネームを決めなくてはならないので、5文字までしか入らないのです。
なので、スーパーホーネットの別の愛称である『ライノ』がニックネームになりました。

ちなみに…
ホーネットとライノ、個人的にどちらが使いやすいかというと…ライノです。
いや、やっぱり『反動ダメージ』だとか『2~3ターン後に混乱』とか、
ちょっと…使いにくいというか…
まぁ、対人戦はしないので、そこまでガチガチにバトルを意識してはいませんけど、
逆に、ストーリーやバトル施設での使用を考えると…
やっぱり、それなりの技を選択しちゃうんですよね。
努力値もスパトレでしっかり振ってあるので…
だからこそ使いにくいというか何と言うか…

あ、そうそう、この子も『ポケルス持ち』です。
ホーネットと同様、現在はY経由でオメガルビーにいるので、
そこで伝染させました。
こちらも自家製色違いリザードン、自家製ポケルスの豪華な子です(笑)


さて、前置きで書いたのですが、
私は色違いリザードンを『3匹+α』持っている、と書きました。
その『α』というのが、この子です。

DSCF0007_201501161556351a2.jpg

DSCF0008_20150116155636668.jpg

色違いヒトカゲです!
進化させる事なく、オメガルビーまで連れて行っています。
これが『α』という訳です。
進化さえしてしまえば、色違いリザードンですからね。
では、何故進化させないのか。
それは…
『次期ポケモンに備えて』
…という訳です。
次のポケモンが、一体どうなるのかは分かりません。
ただ、その時まで進化はさせずに温存しておこうと決めているんです。
そうすれば、ヒトカゲ・リザードが色違いで図鑑に記録されますからね。

ニックネームは『グラウラー』です。
これはホーネット、ライノに続いて生まれたから…という事で、
先程同様、『F/A-18』で調べてもらえば分かるかと思います。

このグラウラーの誕生経緯は、ちょっと他の子達と違っていまして、
意図せずに生まれた子なんですよ。
どういう事なのかというと…
『ライノが生まれた後、残っていたタマゴを孵化処理していたら生まれた』
…という、ある意味オマケなんです。
私はいつも、目的が終わった後のタマゴ孵化は『残務処理』なんて言ってましたが、
その残務処理中に生まれたんです、この子は。
いや~…その時はニヤケが止まらなかったですね~(笑)
まさか残務処理中に、もう1匹色違いのヒトカゲが出るとか…
確率としては、かなり低いハズなんですけど、
いや~…自分でも『無い』と思いましたね~。
ただ、残務処理をしている時に『何か来るかも…』みたいな気配はありました。
何故かは分からないんですけど、何か来る…と、思った次の瞬間に来たんですよね。
自分でも不思議に思います。



そんなこんなで、私の色違いリザードン自慢でした(笑)
まぁ、最初に『メガトウキョーのリザードンは含めない』と書いたので、
親が『メガトウキョ』のリザードンは、画像を用意していません。
ちなみに、『メガトウキョーのリザードン』は6匹所有しています。
これは、メインロムのY・オメガルビーで各1匹、
そして、サブロムのX・アルファサファイアで各2匹、
計6匹、という訳です。
え?何でサブロムで2匹受け取れたかって?
そんなの簡単です、データを消して、初めからプレイすれば良いんですよ。
サブロムだからこそ、データを消せれた訳ですが、
ポケモンセンターにも2回行きましたね、期間中に。
まぁ…メガトウキョーのリザードン配布以前に、
既に私にはホーネットとライノがいたので、もう何も珍しくないというか…
見慣れてしまったというか…(苦笑)
ただ、メガトウキョーのリザードンと区別化すると…
・入っているボールがモンスターボール
・ニックネームが付いている
メガトウキョーのリザードンは、プレシャスボールですし、
何より、当然ながらニックネームが付いていません。
もちろん、ニックネームを付ける事も出来ません。
…やっぱり好きなポケモンにはニックネームを付けたいものです。
そんなこんなで、メガトウキョーのリザードンは私にとって珍しくはなかったのでした。
ただ、メスの色違いリザードンが来たので、図鑑は増えました。
…いや、オスメスの差異は無いんですけどね(苦笑)


最後に、私が色違いヒトカゲ孵化作戦で奮闘したパールのプレイ時間を。

DSCF0013_20150116155656d3d.jpg

487時間…
その少なくとも半分は、色違い孵化で奮闘していた時間でしょう。
4匹の色違いヒトカゲを産み出したパール、
他の色違いポケモンの孵化は失敗したパール…
いや~…我ながら『よくやったな』と思います。
え?もう色違い孵化しないのかって?
はい、もうやりません(笑)
というか、もうパールでは無理です。
ポケモンバンクの利用権、さすがに500円は払いたくないので。
そうなると、必然的にポケムーバーは使えませんから、
パールで孵化させても、ブラック・ホワイト世代までしか送れないですからね。

それに、もう色違いリザードンは十分そろっています。
両メガシンカ用にホーネット、ライノがいますし、
次期ポケモン用のグラウラーもいます。
うん…もう十分です(苦笑)

じゃあ他の色違いは…?と、なりますが、
既に色違いパーティは組めるまで、色違いポケモンはそろっていますから、
もうパールで粘る事はないでしょう。
今はもう、狙っている色違いポケモンはいません。
『遭遇したら捕まえる』程度に思っています。
Yでは色違いのヌオーに遭遇して捕まえましたが、
いや…ヌオーかよっ!…って感じです(笑)



ホーネットとライノは、これからも長い付き合いになると思います。
バハムートはハートゴールドで『待ち』ですけど、
ホーネットとライノ、グラウラーの3匹は、次期ポケモンにも移動させる予定なので、
その時が来たら、また一緒に旅を続けるのだと思います。
何故なら…
『リザードンは俺の嫁』
…ですので(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岩田

Author:岩田
素敵なドラゴン、いないかな…

ドラゴン・龍・爬虫類好きな、
ドラゴンノベルを書いてる人。
趣味は和太鼓・DTM・自動車関係・自転車・ラジコン・
ゲームなどなど。

訪問者数
最新記事
カテゴリ
リンク
月別カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
ユーザータグ

ドラゴン  振り返り センコークーラ フィー ドラゴンドライブ フィット ドラノベ ポケモン アルト 燃費 イラスト DTM ヨーヨー ヘッドホン SOLiVE24 ノベル イヤホン リザードン 桶太鼓 ドラゴンセイバー  ノベログ 献血 サンダードレイク 太鼓 MIDI チャッパ  インテ 備忘録 mp3 シンダー オリジナル トライバルドラゴン 色違い チョコボ ラジコン デザートゲイター スパイロ バハムート チョコボスタリオン プリンター 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。