スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センコークーラとの思い出 《そして今 そしてこれから》

センコークーラから、私は色々な経験や出会いを与えてもらいました。
その全てが、私にとって素晴らしい思い出の数々となっています。
もちろん、今でも忘れられない事ですし、
センコークーラとの旅も、終わる事はありません。

これまでの記事はコチラ↓
『センコークーラとの思い出 《出会い》』
『センコークーラとの思い出 《マンガとの出会い》』
『センコークーラとの思い出 《初めての公式大会》』
『センコークーラとの思い出 《新天地へ》』
『センコークーラとの思い出 《カード仲間》』
『センコークーラとの思い出 《修行の日々》』
『センコークーラとの思い出 《出会いの再来》』
『センコークーラとの思い出 《2回目の名古屋大会》』
『センコークーラとの思い出 《デッキの再編》』
『センコークーラとの思い出 《それは…神と戦う者の名》』
『センコークーラとの思い出 《宿敵》』
『センコークーラとの思い出 《光と風と》』
『センコークーラとの思い出 《3回目の名古屋大会に向けて…》』
『センコークーラとの思い出 《3回目の名古屋大会!》』
『センコークーラとの思い出 《戦いの終わり》』
『センコークーラとの思い出 《旅は続く…》』

センコークーラとの思い出としては最後となる今回、
私がセンコークーラに対し、どういった想いでいるのか…
それを、書いていきたいと思います。



センコークーラから与えてもらったのは、本当に沢山あったと思います。
センコークーラをきっかけとして友人も出来ました。
カードでは仲間も出来、色々な場所で戦いました。
最後には名古屋大会で2位にもなりました。
センコークーラの模写をして、イラストの技術も少しは上がりました。
本当に素晴らしい経験をする事が出来たと、心底思っています。

では…今の私に出来る事は何なのか?
私はセンコークーラに、何が出来るのか?
おかしな話しですよね、キャラクターごときに『何が出来る』なんて。
でも、私は…
『センコークーラに恩返しをしたい』
…そう思うんです。
あんなに沢山の経験をさせてもらい、その経験で色々と見て、
人間としても少しは成長出来たと思っています。
センコークーラと出会った事で、良くも悪くもこんな『ドラゴン好き』になった訳ですし、
その出会いが今の私を形作っているんですよね。
それなのに、私は『特別中の特別』と言っているセンコークーラに対し、
何もせずに過ごすというのは、ちょっとあんまりです。
なので…
何かセンコークーラに恩返しをしたいのです。

では…どう恩返しをするのか。
相手はキャラクター、ましてや1イラスト、1ドラゴン…
当然ですが、物を贈るとか、そういった物理的な事は出来ません。
まぁ、そんな方法では恩返しとは言えないと分かっています。


センコークーラへの恩返し…
私がすべき恩返しというのは、
『ドラゴンの魅力を、1人でも多くの人に知ってもらう』
…という事です。
もちろん、この『魅力』という言葉には色々な意味が含まれています。
かっこいい・かわいい・美しい・恐い・恐ろしい・不気味…などなど、
それらを全てひっくるめて、ドラゴンの『魅力』であると思うのです。
ドラゴンで人々に何かを感じてもらう…
それが、私に出来るセンコークーラへの恩返しだと思っています。
センコークーラもドラゴンですし、
ドラゴンの魅力を伝える事こそが、恩返しに繋がるのではないかと思うからです。

こうしてドラゴンや龍を主体に(?)ブログを書くのも、
もちろん1つの方法であると思うのですが、
やはりもっと、直接ドラゴンの魅力を伝えるには…作るしかありません。
ドラゴンを作る、つまり…私のドラゴンを世に送り出す、という事です。
そんな想いもあり、ドラゴンノベルを書き出したんですよね。
まぁ、今は止まっちゃっていますけど…(苦笑)

ドラノベを再開して、1つの作品として完成させる事が出来れば、
それはそれで1つの恩返しに繋がると思っていますが、
それだけではダメなんです。
1人でも多くの人にドラゴンの魅力を感じてもらう為には、
もっともっと表に出していかないといけないんですよね。
ただ文字を書いて『DRA'N TURISMO』を完成させるだけではなく、
それぞれのキャラクターをイラストで出して、
そこでようやく『1つのドラゴンを送り出す』という事になるんだと思っています。
先は長いですけどね~…(苦笑)

私がドラゴンのイラストレーターであったならば、
センコークーラへの恩返しはもっとすんなりと行っていたのでしょうが、
お金を頂ける程の腕前ではないので…(苦笑)
イラスト主体では無理なんですよね~。
なので、文章主体で…という事になった訳ですが、
本当に早い所、再開しないと…
いつまで経っても、センコークーラへの恩返しなんて出来やしません。


もちろん、自分のドラゴンを世に送り出すだけが、恩返しだなんて思っていません。
ドラゴンの魅力を伝えるのは、何も自分のドラゴンじゃなくても出来る事ですからね。
『ドラゴンのこういう所、凄くない?』
とか、
『ドラゴンのこういう所って、ちょっと恐いよね?』
とか、そういった事を伝えるのも、1つの方法です。
とにかく、ドラゴンの魅力を伝えるのに、
自分のドラゴンだけ…という縛りは無いですからね。

後は…これからも自分はドラゴン好きである、という事でしょうか。
これも立派な恩返しの1つだと私は思います。
もし私が、ドラゴンを好きでなくなったとしたら…
ドラゴンの魅力を伝えてくれたセンコークーラは、きっと悲しむでしょうね。
だからこそ、私はこれからもドラゴンを好きでいたいと思うのです。
これからも、ドラゴンを愛していきたい。
まぁ、嫌いになるという方が、私には無茶な話しでしょうが…(苦笑)
それに、自分が好きでなければ、相手に魅力を伝えるなんて出来ないですからね。
だって、嫌いな物の魅力って、伝えられます?
好きじゃなきゃ、魅力なんて伝えられないですよ。


そして今、そしてこれから…
私はこれからも、センコークーラへの恩返しを続けていきます。
センコークーラの様に、沢山の人に愛されるドラゴンを送り出せるのが一番ですが、
それが出来たとしても、きっと…返しきれないでしょうね。
それだけ、センコークーラに与えてもらった事って多かったですし、
今でも…何だか与えてもらっている感じがあるんですよね。
だから、きっと返しきれない。
でも…私は恩返しをしていきます。
『親友であり、戦友であり、相棒である』
…そんなドラゴンですので。



今までありがとう。
そして…これからも宜しく、相棒…!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岩田

Author:岩田
素敵なドラゴン、いないかな…

ドラゴン・龍・爬虫類好きな、
ドラゴンノベルを書いてる人。
趣味は和太鼓・DTM・自動車関係・自転車・ラジコン・
ゲームなどなど。

訪問者数
最新記事
カテゴリ
リンク
月別カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ユーザータグ

ドラゴン  振り返り センコークーラ フィー ドラゴンドライブ フィット ドラノベ ポケモン アルト 燃費 イラスト DTM ヨーヨー ヘッドホン SOLiVE24 ノベル イヤホン リザードン 桶太鼓 ドラゴンセイバー  ノベログ 献血 サンダードレイク 太鼓 MIDI チャッパ  インテ 備忘録 mp3 シンダー オリジナル トライバルドラゴン 色違い チョコボ ラジコン デザートゲイター スパイロ バハムート チョコボスタリオン プリンター 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。