スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センコークーラとの思い出 《宿敵》

ドラドラカードは…いえ、ドラドラは作品全体で主役を交代しました。
センコークーラから、ライコーオーへ…
それでも私は、センコークーラと共に戦いました。

これまでの記事はコチラ↓
『センコークーラとの思い出 《出会い》』
『センコークーラとの思い出 《マンガとの出会い》』
『センコークーラとの思い出 《初めての公式大会》』
『センコークーラとの思い出 《新天地へ》』
『センコークーラとの思い出 《カード仲間》』
『センコークーラとの思い出 《修行の日々》』
『センコークーラとの思い出 《出会いの再来》』
『センコークーラとの思い出 《2回目の名古屋大会》』
『センコークーラとの思い出 《デッキの再編》』
『センコークーラとの思い出 《それは…神と戦う者の名》』

ですが…
ドラドラカードの流れは、どんどんパワーインフレへと向かいます。
それに対抗するのは容易くはありませんでした。
そして、カード仲間もデッキを再編し、私にとって厳しい戦いが続くのです。



ドラゴンドライブカード…第5弾…
そのドラゴンは姿を新たに、再び現れました。
『ライコーオー』
旧ドラドラカードでも、このドラゴンは登場していましたが、
やはり新ドラドラカードでも…登場する事となりました。
しかし、そのドラゴンは私にとって…
『宿敵』
…となるのです。


宿敵ライコーオー…
初めて感じたのは、第5弾の『あの』カード。
『DD-640』
至って普通のライコーオーで、特に特筆する能力は……あるんです。
あるんですよ、センコークーラと共に戦っている私にはっ!

このライコーオーは、スキル2の代わりに『特殊能力』が備わっており、
その能力は…
『《対真武龍》
  バトルフィールドの相手ドラゴンが「センコークーラ」の時、
  このドラゴンは AP+1500・POW+2される。』
…相手がセンコークーラの時…
つまり、『私の相手』がこのカードを出すと、
相手のライコーオーは能力が上がってしまうのです。
…私がセンコークーラを使っているので。

…このカード、入手した時は複雑でしたね。
「…マジかっ!」
驚きと同時に、ちょっとした怒りも覚えました。
『相手がセンコークーラ』の時て…
本当に「マジかっ」ですよ、全く…


…で、これだけなら別に、ライコーオーが宿敵とは言いません。
問題はこの後なんです。
カードが第6弾・第7弾と数を増すにつれ、
ライコーオーのバリエーションが増えていきました。
属性もそうですが、『with』系も増えていったのです。
そして当然、パワーインフレも激しくなりました。

その弾辺りから、私たちカード仲間のデッキは決まりつつありました。
私は『光属性』
Tさんは『風属性・水属性』
おっちゃんは『地属性・甲属性』
そしてMさんは…『雷属性』
Mさんはデッキを再編し、主力をライコーオーへとスイッチしたのです。
よりにもよって、あの忌まわしき『ライコーオーwithサターンエッジ』へと…


withサターンが出る前から、Mさんはライコーオーへとスイッチしていました。
雷属性を有利にするフィールドカード・エフェクトカードが多かったからです。
そこへ…サターンエッジと、withサターン…
私からしてみれば、かなり厳しくなりましたね。

当時のバトルフィールドの構図は、いつもこんな感じでした。
私…『DD-511 センコークーラ + DD-27・S 大空レイジ』
Mさん…『DD-827 ライコーオーwithサターンエッジ + DD-826 サターンエッジ』
センコークーラ対ライコーオー…
それはもう、凄まじい戦いでしたね。


私は相変わらず、コンフューズ・ガスを使った『陸潜』戦術。
ただ、Mさんの戦術は…それを上回る物でした。
まず、ライコーオーの『速攻』
ライコーオーには、レベルの低いカードがあります。
低い物は確か…2だったと記憶しています。
数が多いものとなると、3も多くありました。
そういったレベルの低いライコーオーに、Dパーツのサターンエッジを装備し、
すぐさまwithサターンへと交換するのです。
…これにより、序盤の場の制圧は完璧となります。

それに加え、withサターンへのサターンエッジ装備。
いわゆる『二重付け』です。
withサターンへの交換で、速攻を果たした後、
withサターンへDパーツとして、サターンエッジを付けるのです。
…これは、私にとって非常に辛い事なんです。
サターンエッジの効果は…
『装備したドラゴンに、「スキル3、スキルコスト:○、
 効果:カウンター・相手ドラゴンのスキルひとつを1ターンの間、
 回数:1に変更する」を与える。』

このサターンエッジの効果により、私の『陸潜』戦術は妨げられました。
何故って?
そもそも、『陸潜』戦術のメリットは、
『コイントスをせず、光1つ使用するだけで AP+1500』
…が、売りだったのです。
それが、私がスキルを発動した瞬間にカウンターを宣言され、
このサターンエッジのスキルを使用されてしまうのです。
すると、『陸潜』の効果を発揮させる為に『コイントス』が増えてしまいます。
これにより、攻撃面で圧倒的に不利になりました。
もちろん、withサターンの初期APもバカ高く、
『センコークーラ+大空レイジ』であっても、AP1000程度離されているのです。

これだけなら、まだマシな方…
当然、Mさんはライコーオーに対してのオプションカードを用意しており、
雷のフィールドカードを使ったり、
私に対してエフェクトカードを無効にする『術式封印』を使用したり…
無論、私もそういった事態に対処出来る様、オプションカードも準備していましたが…
元より『陸潜』でのパワーアップの為に出来ていたデッキでしたので、
オプションカードも多くは入れられず、
また、サターンエッジはDパーツ…
この時期はDパーツを破壊してダメージを与える『ドゥームド・ボム』は無く、
Mさんのサターンエッジへの対策は、全く出来ませんでした。
サターンエッジの効果が『スキル3の追加』なので、
ガスによるカウンターも効果を発揮せず(ガスはスキル1と2の効果入れ替え)
しばらくは『どうしようもない』状態でしたね…

こんな事もあり、ライコーオーとの戦いはいつも『し烈』でした。
互いに色々な駆け引きをしましたが、いつも力及ばず……
ライコーオーが相手の場に出た時は、本当に警戒したものです。
まぁ、Mさんには負けてばかりいましたが…
それが、ライコーオーが私にとっての宿敵たる『ゆえん』です。
いや、本当に当時はwithサターンへの対策が出来なかった…
対策を考えるのは楽しかったですが、対戦はいつも上手くいかず…
恐らく、ドゥームド・ボムが出るまでは、対策といった対策は出来なかったでしょうね。
センコークーラと一緒に戦う以上、出来る事と出来ない事はありましたから、
その中では、本当にギリギリまで考え抜いて戦っていましたね。


こうしてMさんは、ライコーオーへと主力をスイッチした訳ですが、
同時にTさんも、主力を変更していました。
Tさんの主力は『DD-809 インディコウェディンゴ』
こちらもまぁ、厄介なドラゴンでしたね~。
このドラゴンも、スキル1の代わりに特殊能力があったのですが、
その特殊能力が…
『お互いの場に出ているオプションカード1枚につきAP+1500』
…つまり、出ている全てのオプションカードが対象で、
でもって、その枚数でAPが上がるという…
とっても厄介なドラゴンでした。

対戦している私の状態だけでも、
大空レイジ1枚で、既にAP+1500の状態。
で、コンフューズ・ガスを投入すれば、更にAP+1500…
これで、私が『陸潜』を発動するまでに、APが3000もアップしているという状態。
もし、私が直接ダメージを警戒して『光の聖域』を出していれば、
更にAP+1500して…AP+4500の状態からスタート…
スタートですよ?…まだ私は『陸潜』を使っていない状態で…ですよ?
…ここからAPを追い付く・追い抜くにしても、
そもそもドラゴンの初期APが高い状態でしたので、
それはもう大変で大変で……
で、Tさんはスキルを使わずに、
コストの掛からないオプションカードを出せば、AP+1500していきますから、
もうね……公式は何てチートなドラゴンを作ったのかと…!
こればかりは言わせて下さい。
公式!このカード使って実験したのかと!
こんなチートなドラゴン作るから、カード衰退するんじゃないのかと!
…まぁ、もう10数年も前の事です。
グチは止めておきましょう。

…で、状況は、更に悪い方向に転がってですね…
Tさんは、こんなカードまで出してきたのです。
『DD-397 アースクエイク』
これはエフェクトカードなのですが、
効果は非常に厄介で…
『1ターンの間、地属性以外はスキル2が使用不可』
…というもの。
これは全てのドラゴンが対象なので、Tさん側にも有効になり、
インディコウェディンゴはスキル2しか持っていない為に、
スキルを使ってのパワーアップが出来なくなるのですが、
そもそも特殊能力でAPが上げられるので…
しかも、このエフェクトカードで、更にAP+1500…
もうアホとしか言えません…公式が…

それで、このカードが出されると、私はもう大惨事となるのです。
…分からない方は、《デッキの再編》を読んでみてほしいのですが、
私の『陸潜』戦術は、センコークーラのスキル2を有効活用した戦術です。
つまり…
このエフェクトカードによって、私の『陸潜』戦術は使えなくなってしまうのです。
そうなると、私は手も足も出なくなってしまいます。
なので、私も対策を講じ…
Tさん『アースクエイク』

私『カウンター 術式封印(アースクエイク無効化)』

Tさん『カウンター 術式封印(術式封印無効化)』
…なんて、『無効化合戦』をしたりしましたが、
思い出して下さい、相手のドラゴンは『インディコウェディンゴ』です。
場に出たオプションカードの枚数に応じて、APが上がっていきます。
当然、術式封印もオプションカード…
無効化合戦をしている間にも、どんどんAPが上がっていくという…
もうね…公式はバカかと…

結局、Tさんのインディコウェディンゴには、最後の最後まで対策しきれず…
確か、Tさんはこのドラゴンで3回目の名古屋大会優勝を飾った記憶があります。
それだけ、このドラゴンは強力すぎました。
いやもうね、チートですよチート!
このドラゴンもまた、私の『宿敵』でしたねぇ……
今でも対策出来る自信は無いです、正直言って。
せいぜい、直接ダメージを狙っていくしかありませんが、
センコークーラで直接ダメージとなると…やはりエフェクトカード頼みですので、
APでの戦いは無視する他ありません。
んー……
やはり、今考えても、このドラゴンの能力はチートですね…(苦笑)


おっちゃんは、これといった主力ドラゴンは絞っていませんでいたが、
それでも地属性を有効に使ったデッキを作っていましたねぇ…
何だか、戦う度にデッキが変わっていた様な気がします。
これといった印象に残っていないのも、そんな理由があるのかも…
ですが、おっちゃんも強かったですねぇ…

そうそう、例の言葉はおっちゃんに言われたんですよね。
『一番、センコークーラの使い方が上手い』
この一言は、おっちゃんから言われたんでした。
それからは、自他共に一番のセンコークーラ使いである…なんて、
ちょっと意識し始めていましたね。
え?
もちろん、今でも一番のセンコークーラ使いであると思っていますよ。
でなければ『親友であり、戦友であり、相棒である』なんて、
とても言いませんよ。
いくら出会いが運命的であったとはいえ。

というか、仲間の間では誰もセンコークーラ使っていませんでしたし、
大会で戦う相手も、ほとんどセンコークーラ使っていませんでしたし…
んー……
もしかして、センコークーラって…あんまり人気無かったとか…?
いやいやいや、多分皆、主役だからという理由で使っていなかったに違いない…!
そうだ、そういう事にしておこう。
うん、きっとそうだ。


『ライコーオーwithサターンエッジ』
『インディコウェディンゴ』
…私の周りでは、完全に新しい主力が決まり、
私は未だに、センコークーラ(DD-511)と共に戦い続けていました。
もちろん、他にも色々なセンコークーラデッキは作っていましたが、
それでも一番火力があったのは、この『陸潜』戦術のデッキ。
ただ…さすがにパワーインフレの波に逆らいきれずにいたのも事実。
上記の2体が猛威を振るう中、私はセンコークーラと共に時代に抗い、
デッキを少しずついじっては、何度も2体と戦っていきました。
ですが…勝てなかったんですよね~…
運が良くて、あと一歩という所までで、
どうしても勝てない…
本当にこの2体は、私にとっての宿敵となりましたね。
今でもライコーオーwithサターンエッジを見ると、
『どう対策をしようか』
なんて、何故か思ったりもします。
まぁ、それだけ当時は考えに考えていましたから、
そのクセがどこかに残っているのかもしれません。
それに、負けっぱなしでしたから、余計にそう思うのかも…
いや~…一度は勝ちたかったなぁ~…

戦いの日々は、そういった苦難の連続でしたが、
別の部分では、私はまた違った『出会い』をします。
少し前後してしまいましたが…あのドラゴンとの出会いです。
ジャンプでは、抽選で特別なカードが当たるキャンペーンを行っていました。
ドラドラカードのバーコードを集めて、それを送るというもので、
その景品のドラゴンは、何とあのドラゴンだったのです…

続きはコチラ→『センコークーラとの思い出 《光と風と》』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岩田

Author:岩田
素敵なドラゴン、いないかな…

ドラゴン・龍・爬虫類好きな、
ドラゴンノベルを書いてる人。
趣味は和太鼓・DTM・自動車関係・自転車・ラジコン・
ゲームなどなど。

訪問者数
最新記事
カテゴリ
リンク
月別カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
ユーザータグ

ドラゴン  振り返り センコークーラ フィー ドラゴンドライブ フィット ドラノベ ポケモン アルト 燃費 イラスト DTM ヨーヨー ヘッドホン SOLiVE24 ノベル イヤホン リザードン 桶太鼓 ドラゴンセイバー  ノベログ 献血 サンダードレイク 太鼓 MIDI チャッパ  インテ 備忘録 mp3 シンダー オリジナル トライバルドラゴン 色違い チョコボ ラジコン デザートゲイター スパイロ バハムート チョコボスタリオン プリンター 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。