スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センコークーラとの思い出 《マンガとの出会い》

今回は前回に続き、センコークーラとの思い出を書きたいと思います。
前回は『センコークーラとの出会い』を書きましたが、
今回は『マンガとの出会い』です。
前回の記事はコチラ→『センコークーラとの思い出 《出会い》』


センコークーラと出会った事で、ドラゴンドライブという作品を知りました。
ですが、当時の私は月刊・週刊のマンガ雑誌は読んでいませんでしたので、
ドラドラのマンガは、全く知らなかったんですよね。

センコークーラとの出会いで、ドラドラが集英社、
つまりジャンプの連載という事は分かりました。
当時は今の様にネットは充実していませんでしたから、
それを調べるには、実際に現物を探すか、友達に聞くか…
なので、中学生だった私は、学校で友達に聞く事に。



さて、先にも書いた様に、学校での聞き込みの開始です。
「ドラゴンドライブっていう作品、知ってる?」
そんな聞き込みをしていきますが、誰も知る人は現れません。
おかしいなぁ…集英社ならジャンプのハズ。
皆、ジャンプは読んでいたのに知らないとは、どういう事なのか…
それでも聞き込みを続けますが、当たる人当たる人、誰もが首を横に振ります。
う~む…何故だ…

この時、私は知らなかったのです。
ジャンプには『週刊』と『月刊』の2種類がある事を。
何度も書いていますが、当時はマンガ雑誌なんて立ち読みすらしていなかったので…
で、聞き込みを続けて、とある人から…
「月刊じゃない?」
という事を聞いて、ようやくその答えにあり付きました。
今度は聞き方を変える事に。

次は月刊のジャンプを読んでいるかを聞いて回りますが、
やはり先程と同様の答えばかり。
皆、週刊のジャンプは読んでいるものの、月刊は読んでいないとの事。
もはや万策尽きたかと思いましたが、
ここで一人だけ、月刊ジャンプを読んでいる人物が現れたのです。
彼とは確か、幼稚園から一緒だったと思うのですが、
度々ケンカをしては仲直りをして…というのを、何度も繰り返していたんですね。
時には口もきかなかったりと、そんな仲でした。
まぁ、その時は『良好』な関係だったので、こうして聞く事が出来た訳ですが、
まさかそんな彼が知っているとは…微塵にも思いませんでしたよ(苦笑)

それでまぁ、彼にドラドラを知っているか尋ねた所、
「オマエそれ知ってるし。」
という、何ともストレートな答えをもらいました(笑)
これで『ドラゴンドライブは月刊ジャンプに載っている』という事が分かりました。
ただ、彼とのやり取りは、これで終わらなかったんですよ。
「オマエ、その付録とかあるから、やるわ。」
…マジか!
まさか、こんな浮き沈みのある仲の友人から、情報ならず付録までも…
世の中分かりませんね~(笑)
という訳で、学校が終わってから彼が自宅まで持ってきてくれる事に。


…それにしても、この時の事は今でも覚えていますね~。
仲の良い友人から、少ししか喋らない様な知人まで、
クラスとかも関係無く、とにかく手当たり次第に当たっていって、
その誰もが週刊ジャンプ派で…
唯一、その彼だけが月刊ジャンプを読んでいたという…
本当に、センコークーラとの出会い含め、不思議な事が続いたものです。
何故、彼だったのか。
今でも分かりませんねぇ…
『センコークーラのお導きだった』
なんて、私は思ったりもしますけど、
まぁ…どう思うかは人によって変わりますから、
「そうかも」と思うも良し、「こじ付けだろ」「たまたまだろ」と思うも良しです。
ただ、いずれにせよ…
『運が良い』『偶然』といった事が重なっていたのは事実だったと思います。


それで、学校も終わり…
自宅前で彼の到着を待つ事に。
すると、彼は自転車に乗ってやって来ました。
…何やら膨らんだビニール袋を持って。
まず手渡されたのは、ドラドラカード(もちろん時期的に旧ドラドラカードです)
こちらはビニール袋とは関係無く、付録の紙袋に入っていましたね。
渡されてみると、チビスケというドラゴンのカード。
…?
こんなモフモフした可愛いのが…何か特別なんですか?
正直、このカードを初めて見た時には、どう凄いのか分からず、
こんな可愛いのが付録に付くというのが、イマイチ『ピンとこなかった』のです。
(もちろん、この段階ではチビ=センコークーラなんて、知るハズもありません)

で、ドラドラ関連はこれだけだった訳ですが…
「こんなのも出てきたから、やるわ。」
そう言われて手渡されたのは、膨らんだビニール袋です。
中身を見てみると…ポケモンカード!(こちらも時代的に初代です)
それも大量に入っています!
しかも!
キラカードからエネルギーカードまで、ありとあらゆるカードが入っています。
もうやらないから…との事でしたが、いやまさか、持ちカード全てなのか…?
まぁ、キラカードとか入っている時点で、これは恐らく全てのカードなのでしょう。
当時は私もポケモンカードは卒業していましたが、
その頃からイラストを描き始めていた事もあったので、
イラストの参考にもなるという事で、ありがたく頂戴しました。
ドラドラカードのチビと、大量のポケモンカード…
本当に、彼からこんなにも貰うとは…
世の中、本当に分かりませんね~。

さて、彼からマンガの情報を貰った私は、
月刊ジャンプと単行本を購入し始めます。
既に単行本も3~4巻は出ていました。
1巻から読み始め、そのストーリーにどんどんのめり込んでいきました。
マンガを読んで、先に貰っていたチビのカードの謎も分かり、
作中でのセンコークーラの強さも分かり…
ジャンプではカードやアニメの情報も載り始め、
カードは調度その頃にモデルチェンジとなったんですよね。
私が中学を卒業して、高校に入った頃だったでしょうか。


こうしてマンガを読み始め、ジャンプからカードやアニメの情報を入手し、
新しくなったドラドラカードを始める事となります。
そうです、ここからが私とセンコークーラの旅の始まりで、
戦いの始まりなのです。
ジャンプにカード関連の情報が載っていたのが大きく、
高校一年の初夏の頃、草大会が開かれる場所に行ったんですよね。
それがキッカケで、色々な経験をしました。

あの浮き沈みのある仲の友人がいなかったら、
私はドラゴンドライブを知るのが遅れたか、
もしくは知らないまま、モヤモヤしながら過ごしていたかもしれません。
そう考えると、彼には本当に感謝しています。
今でも彼には「ありがとう」と言いたいです。
人生が変わった瞬間というか、センコークーラに出会ったからこそ変わったというか…
そして、その変わるポイントで彼が教えてくれたからこそ、
こうして大きく変わった訳で…
いやー…本当に世の中分からないですねー…


さて、いよいよ…センコークーラとの旅・戦いが始まります。
私が『親友であり、戦友であり、相棒である』としているのは、
これからの日々が物語ってくれます。
この時はまだ、後にカード仲間から『一番のセンコークーラ使い』と言われ、
最後の名古屋大会で2位になるとは、思ってもいませんでした…
続きはコチラ→『センコークーラとの思い出 《初めての公式大会》』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岩田

Author:岩田
素敵なドラゴン、いないかな…

ドラゴン・龍・爬虫類好きな、
ドラゴンノベルを書いてる人。
趣味は和太鼓・DTM・自動車関係・自転車・ラジコン・
ゲームなどなど。

訪問者数
最新記事
カテゴリ
リンク
月別カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ユーザータグ

ドラゴン  振り返り センコークーラ フィー ドラゴンドライブ フィット ドラノベ ポケモン アルト 燃費 イラスト DTM ヨーヨー ヘッドホン SOLiVE24 ノベル イヤホン リザードン 桶太鼓 ドラゴンセイバー  ノベログ 献血 サンダードレイク 太鼓 MIDI チャッパ  インテ 備忘録 mp3 シンダー オリジナル トライバルドラゴン 色違い チョコボ ラジコン デザートゲイター スパイロ バハムート チョコボスタリオン プリンター 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。