スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンの『ブレス』について考える

今日のネタは久々にドラゴンネタです。
お題は『ブレス』
いわゆるファイヤーブレスとか、そういった類のヤツですね。
世に存在する様々なドラゴンは、色々なブレスを持っています。
そんなブレスについて、今日は色々と考えてみたいと思います。



さて、まずこの『ブレス』という単語、一体何なのかという部分から入りましょう。
ブレスというのは英語で、『息・呼吸』などを意味します。
つづりは『Breath』
音楽用語としても息継ぎの意味でブレスという言葉が出てきますから、
そちらの方が馴染みがある方もいるのではないかと思います。

ブレスが息や呼吸を意味するのは上記の通りな訳ですが、
では、大抵のドラゴンが有する『ファイヤーブレス』は、訳すとどうなるのか。
まぁ、ファイヤーは簡単ですよね。
ファイヤーは『火・火炎』を意味しますので、
ファイヤーブレスというのは『火の息・火炎の息』となるでしょうか。
ちなみに、炎はフレイム『Flame』となるので、
炎の息というのは、ちょっと違うかな…というのが、私の考えです。

火の息なんて訳すと何だかイマイチ格好悪いので、
『火炎放射』なんて訳したくなります。
まぁ、ファイヤーブレスは口から火炎を放射している訳ですから、
あながち間違っている訳ではありません。
この辺は、翻訳の揺れじゃないかと思います。


さてさて、上でブレスは『息』という事を示しました。
では、今度は実際にドラゴンがファイヤーブレスを有していると想定して、
その『発射』を考えてみたいと思います。
発射メカニズムは科学的になってしまいますから、そこはパスして…
あくまでも『ドラゴン的に』考えていきたいと思います。
このブログは、ドラゴン的なブログですからね(笑)

で、ドラゴンがファイヤーブレスを吐くという事は、
吐くまでの『プロセス』が必要な訳です。
いや、脚を踏ん張ってとか、そういった部分ではなくて…
今回は『ブレス』が焦点ですから、ブレスとして考えていきます。
息を吐くという事は…ほら、必要なプロセスがありますよね?
息を吐く前には、必ず『息を吸う』というプロセスが必要なのです。
これって当たり前な事なんですけど、
このプロセスを経ないと、非常に不自然なブレスになってしまいます。

ドラゴンが何の前触れも無く、突然ブレスを吐く…
これではまるで『機械』です。
生物のドラゴンであるのであれば、必ず呼吸はしているハズですから、
上にも書いた通り、息を吐く前に吸わなくては生物らしくありません。
『スゥー………ゴォォォォォォーーーーー………』
文字で表すのであれば、こう書く事になるのでしょうが、
この『スゥー』という『吸う』プロセスが、
生物として当たり前なポイントなんですよね。
もちろん、そういった『息を吸う動き』も大事です。

ドラゴンがブレスを吐く前、上を向いたり横を向いたり…
吐く前の行動をする訳ですけど、この時に『息を吸う』訳です。
では、こういった『○○の方に顔を動かす』というのは、理にかなっているのでしょうか。
まぁ、そういう動きをした方がカッコイイというのは、ちょっと置いといて…
生物として見た場合、顔を動かしながら息を吸うというのは、大丈夫なのでしょうか。
首の長さも様々ですし、その首がどういった動きをするかによっても、
呼吸のしやすさが変わってきそうです。

顔を上に向けるのは、気道を確保するという点では大丈夫でしょうが、
無理に上を向くほど動かすと、逆に辛くなるかもしれないですね。
まぁ、構造的に顔だけで上を向くというのは、それ程出来ないと思いますが…
左右に向く場合、気道が狭まる事は少ないと思います。
ですので、左右に向いてからブレスを吐くのは、無理が無さそうです。
で、ここまではそれ程問題は無いのですが…
顔を下に向けるのは、呼吸という観点では良くなさそうです。
首ごと動かして顔が下を向くというのであれば、そこまで問題にはならないのでしょうが、
首より上の顔が下を向いた場合、話しが変わってきそうです。
これは我々人間もそうですが、顔を下に向けた場合、
喉が狭まって呼吸しづらくなってしまいます。
ドラゴンも同様に気道が狭まり、呼吸には適さないのだと考えます。
やはり舌とか喉仏とかは、構造上『下』に位置しますから、
そういった物が障害になってしまう、というのが私の考えです。
まぁ、大抵は『首ごと』動かすでしょうから、
そこまで気道がどうこう…というのは、無いでしょうけどね。


次は『ブレスの種類』について考えてみたいと思います。
代表的なのはファイヤーブレスですけど、
色々なブレスも存在しますよね。
『ポイズンブレス』とかなら分かるのですが、
中には属性に由来したブレスも存在します。
何度も書いていますが、ブレスというのは意味通り捉えれば『息』です。
息を調べてもらえば分かると思うのですが、
息というのは『呼吸する空気』を表します。
その意味通り捉えた時、
「これ…息なの?」
なんてブレスも存在してしまったりします。
まぁ、そういう息なのだとしてしまえば、それで終わってしまうのですが、
今回はしっかりと考えてみようと思います。

【ファイヤーブレス】
まずは定番かつ何度も書いてきたコレから。
まぁ、吐き出す息が燃えている…というのは、
息としても空気としても、意味としては合っているかと思います。
火炎を口から吐く…というのは、やはり絵になりますね。

【ポイズンブレス】
上で挙げたので、早めに出そうかなと。
これは直訳すると『毒の息』な訳ですが、
吐き出す息が毒ガス…というのは、まぁあり得そうな話しです。
ただ、そのガスがドラゴン自身に無害なのかは…分からないですが。
まぁ、酸素だってある意味では『毒』なのですから、
あながち不可能なブレスではないのかも…

【ウォーターブレス】
何だかありそうな水属性のブレス。
いや…水という時点で『空気』ではないので、
果たして『息』としてはどうなのかという、ちょっとした疑問が生じます。
「エラがあれば、別に水で呼吸するんだから良いんじゃね?」
なんて思いがちですが、
この場合『エラで酸素を取り込む』ので、水はエラを通過しなくてはなりません。
つまり、水は口から入りエラから出る訳で…
で、エラがあるのであれば、別に肺は無くても呼吸には困らないので…
まぁ、両方持ってるドラゴンもありですけど、
やはり水という時点で、息なのかという部分が引っ掛かります。
あー………
息と一緒にツバを飛ばせば、ある意味正し……くないか…

【サンダーブレス】
何だかありそうな雷属性のブレス。
サンダーは雷ですから『雷の息』といった所でしょうか。
吐き出す息に電気のエネルギーを乗せるという訳なのですが…
これはちょっと難しいですね~…
息を吐き出していればブレスとしての意味は通りますから、
それと同時に電気エネルギーを出すのであれば…OK?
まぁ、雷は空気中を伝達しますから、ウォーターよりはアリかも…

【ウインドブレス】
何だかありそうな風属性のブレス。
ウインドというのは風ですから『風の息』といった所。
風の息と言われると「?」な感じがしますけど、
強い風を起こす息と考えれば、まぁアリかなと。
風は空気ですし、息を吐き出して風を…というのは、意味的にも合っているかと。
ただまぁ…それってただの『普通の息』なんじゃないかというのはナシです。
それから『風邪の息』というのもナシです。
あと、翼で風起こした方が良いというのもナシです。

【ブリザードブレス】
何だかありそうな氷属性・風属性のブレス。
ブリザードというのは吹雪ですから『吹雪の息』ですね。
吹雪というのは『降雪に激しい風の伴ったもの』ですから、
ん~…ちょっと難しいかもしれないですね~…
強風という点では、上述のウインドブレスと同じかもしれないですけど、
そこに『雪』を加えないといけないですからね~…
雪を吐き出すというのは…水を吐き出すのと同様に難しいと思うのですが…
いや、雪って元をたどれば水ですから…

【ソニックブレス】
何だかありそうな風属性のブレス、ヨーヨーの名前にもなりました。
ソニックというのは『音の・音波の・音速の』といった意味なので、
この場合『音波の息・音速の息』となるでしょうか。
これ、訳としてはどちらも正解なのですが、
意味としては大きく違ってくる事になります。
まぁ、言いたい意味としては『衝撃波の息』なのでしょうが、
衝撃波は『ショックウェーブ』が訳になるので、
今回は言葉の意味通りに考えていきたいと思います。

音波の息の場合だと…
音波というのは要するに『音』の事ですから、
音を発する息という事になります。
…つまり、声なんですよね。
「オア~~~」なんて発しながら息を吐けば、それで音波の息は達成です(笑)

音速の息の場合だと…
音速というのは、音が伝わるスピードの事です。
よくマッハと言ったりしますが、このマッハ1が音速の基準値、
つまり音が伝わるスピードという訳ですね。
で、音速というのは『温度・気圧』等によりスピードが変わってきます。
ですので、おおよその値になりますが…
『マッハ1=時速約1225km』
…という数値になります。
空気中ではこのスピードで、音が伝わっていく事になります。
…で!
音速の息ですから、息が音速なのであると解釈すると…
これはとんでもない事になります。
吐き出す息のスピードが、時速1225km…
風の単位は『秒速~m』が分かりやすいですから、
それに変換すると…
『マッハ1=秒速約340.2777…m』
1秒に340mも吹き抜ける風という事になります。
ちなみに、台風は秒速17.2m以上の風を示すそうで、
その中でも最高ランクの『猛烈な』強さとされる基準は、秒速54m以上。
そこから見ても、桁違いな風速という事が分かるかと思います。
対象物が吹き飛ばされるのはもちろん、
吐いたドラゴンでさえ、後方に頭から吹っ飛ばされてしまいます。
それはそれでシュールですが、そもそも秒速340mもの息を吐けるのかさえ怪しいです。

【ドラゴンブレス】
何だか色んな所で見かけそうな、何属性か分かりにくいブレス。
これは…直訳すると『ドラゴンの息』なので、
結局の所、ドラゴンの普通の呼吸でも、ドラゴンブレスとなる訳です。
ですが、そんなブレスでもダメージを受けるという…
じゃあ一体、どんなブレスなんだという疑問が生じますが、
まぁ…対象物にとってはダメージになるブレスなのかな…と。
いや、私だって聞きたい。



パッと思い浮かぶブレスは、大体出せたでしょうか。
やはり『ブレス』と付くからには、口から吐かないと変ですよね。
そういった観点から見ると…
バハムートは『メガフレア』なんて強力な攻撃を放ちますけど、
あれは別に『口から』じゃなくても良いんですよ。
名前にブレスと付いていませんから、意味としては間違いではないんですね。
だから、両手で力を溜めて放ったり、翼にエネルギーを溜めて放ったり…
名前に拘束されない訳です。
そう考えると、名前に『ブレス』と付けるからには、
必ず口から『吐く』という事にしないと、つじつまが合わないんですよね~。
だって、口以外で『息』をするというのは、やはりおかしいですので…


という訳で、今回はドラゴンの『ブレス』についてアレコレ考えてみました!
ただ、ここまで書いてきて思ったのですが、
『ドラゴンのブレス』
と書くと、「あぁ、ドラゴンが口から何か吐くんだな」という、
そういったイメージに直結しやすいんだな~と感じましたね。
ブレスとしては息という意味しか持たないものの、
ドラゴンのブレスという様に、ドラゴンの…となると、
これが息ではなく、口から吐く攻撃を意味するという、
ちょっとした単語として成立している様に思います。

ただ、やはり何度も書いてきましたが、
ブレスというからには、やはり『口から吐く』のが大前提なんですよね。
だからこそ、上で書いたイメージに繋がってくるというのもあります。
まぁ、ブレスらしからぬブレスというのも、中には見かけたりする訳ですが、
それはそれでアリなんじゃないかな…と。
今回は『言葉の意味』として考えた部分が多かったですから、
意味として合っている・いないは、別に良いと思います。
そこは世界観とか設定の兼ね合いなんじゃないかな…と。
ただ、『口から吐く』というのだけは、揺ぎ無いポイントではありますけどね。


『ブレス』を見ただけでも、これだけ色々と考えるポイントがありましたが、
今度は他の点についても考えてみようかな…なんて思ったりします。
空想生物というのは、そういった所を色々と考えられるのが楽しいですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岩田

Author:岩田
素敵なドラゴン、いないかな…

ドラゴン・龍・爬虫類好きな、
ドラゴンノベルを書いてる人。
趣味は和太鼓・DTM・自動車関係・自転車・ラジコン・
ゲームなどなど。

訪問者数
最新記事
カテゴリ
リンク
月別カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
ユーザータグ

ドラゴン  振り返り センコークーラ フィー ドラゴンドライブ フィット ドラノベ ポケモン アルト 燃費 イラスト DTM ヨーヨー ヘッドホン SOLiVE24 ノベル イヤホン リザードン 桶太鼓 ドラゴンセイバー  ノベログ 献血 サンダードレイク 太鼓 MIDI チャッパ  インテ 備忘録 mp3 シンダー オリジナル トライバルドラゴン 色違い チョコボ ラジコン デザートゲイター スパイロ バハムート チョコボスタリオン プリンター 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。