スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ドラゴンセイバー』 1プレイクリアを目指す人へ 《状況判断編》

さて、2回に渡ってドラゴンセイバーを記事にしてきましたが、
今回は、プレイ中の『状況判断』に焦点を当ててみたいと思います。
『こんな時は、どうした方が良いのか』
というのを、実際に起こりうるケースを想定して、考えてみたいと思います。
もちろん、今回も『コレが全て』ではありません。
あくまで参考程度にして頂けたらと思います。

前回までの記事はコチラ!
『ドラゴンセイバー』 1プレイクリアを目指す人へ 《知識編》
『ドラゴンセイバー』 1プレイクリアを目指す人へ 《攻略編》

で、今回は前提として、
攻略編の様に『難易度対策』をしたプレイをしている、とします。
もちろん、設定なども攻略編に準じています。
やはり、難易度が上がると変わってきますし、
そもそも難易度の対策をせずにサクサク進める方は、
状況に応じた『自分なりの行動』が取れていると思います。
ですから、今回もやはり初心者の方向け、という事になります。

それでは、色々なケースを想定してみましょう。



【ブルードラゴンの首は3本にするべきか】

まずは、ブルードラゴンの首に関してですね。
ドラセイの場合、他のドラゴンの能力が特化していますから、
基本的にブルーの出番はエリア1になると思います。
では、そんなエリア1で、首を3本にするべきなのか、しないべきなのか。

普通に考えれば、こういう答えになるかと思います。
『首3は当たり判定が大きくなる為、首2で止めるべき』
当然の事と思います。
ただ!
戦略ダメージを前提とするのであれば、状況は変わってきます。
当然、当たり判定の事を考えれば、首2で止めた方が良いのは変わりませんが、
状況によっては首3にしても良いのでは、と思います。それは…
『まだ戦略ダメージを受けておらず、この後にダメージを受ける』
…という場合。
これは、最終的に首2になるのを見越して、という事ですね。
火力も同様に言えるのではないかと思います。


【ファイヤードラゴン火力2の時、ブルードラゴンアイテムを取るべきか】

これは、エリア2の後半で起こりうる事態を想定したものです。
エリア2では、ファイヤードラゴン火力3で進んでいく事と思いますが、
最後の雑魚ラッシュで被弾してしまい、1ダメージを受けてしまった!
最後の雑魚ラッシュで、アンチを取ってしまった!
…さぁ、どうしましょう?

ファイヤードラゴンの溜め撃ちは、火力3で威力を発揮します。
現在は火力2に下がってしまい、エリア2の雑魚ラッシュ後には、
ファイヤーアップは1つも出ません。
出るのはブルードラゴンアイテムのタマゴが1つだけ…
この状況での選択肢は…
『ファイヤードラゴン火力2で、ボスと戦う』
『ブルードラゴン火力2・首2で、ボスと戦う』
…この2択です。

ボスだけを見た場合、私はブルードラゴンへの変身をオススメします。
これは、この時点での両者の能力を比較した場合、
溜め撃ち時の威力、対空・対地ファイヤーの威力が高い事が理由です。
首1のブルーであればファイヤーのままで良いですけど、
この場合の変身では、ブルーは首2になりますからね。
首2の火力は、なかなか目を見張る物があります。

ただ、これは『ボスだけを見た場合』の話し。
もしアナタが、エリア3をファイヤーで進みたいのであれば、
当然ここでブルーを取ってはいけません。
エリア3ではファイヤーアイテムは出ませんから、
ファイヤーを保守しないといけない、という訳ですね。
エリア3をアックス・ブルーで攻略するのが問題無い方は、
ブルーへ変身した方が、その場では良いという事になります。
この辺りが『戦略的状況判断』となるのではないでしょうか。


【エクステンドは、取るべきか】

言葉通りであれば、それはもちろん取った方が良いに決まっています。
それが『安全に取れる』という状況であれば、ですが。
そうなのです、危険と隣り合わせだったエクステンドの場合、
アナタは取りますか?取りませんか?
これは意外にも冷静に考えた方が良さそうです。

ドラセイのエクステンドは、3つ集めてようやく1アップ。
逆に言えば、3つ集めないと1アップしないのです。
取ればすぐに1アップするエクステンドとは、訳が違います。
これを踏まえて、また上記の質問です。
エクステンドは、危険を冒してまで取るべきなのか?
これも、その時の状況に左右される事ですね。

例えば、エリア4ボス前の雑魚ラッシュでエクステンドが出た場合。
ここでは敵の攻撃もそこそこ厳しく、アンチまで出てきます。
敵弾に囲まれたエクステンド、アンチに囲まれたエクステンド…
アナタは、取りに行きますか?
安全派の方であれば、これはスルーするケースかと思います。
冒険派の方・上級者の方は、その状況を見つつ取りに行かれるかもしれません。
では、初心者の方は…どうするべきなのか。
私からは『スルー』をオススメします。
…が、この場合は『前提』が絡んできます。

もしアナタが、攻略編に準じたプレイをされていた場合や、
戦略ミスを考えたプレイをされていた場合、
私からの答えは変わります。
『その場合でまだミス前であるなら、あえて取りに行く』
これの理由は明白ですよね。
ミス前提でそこまで進めていたのであれば、
アンチだろうと敵弾だろうと、関係なくなります。
どうせミスをしなくてはならないのですから。
その場合に限り、果敢に取りに行くのが良いかと思います。

攻略編の設定であれば、スコアエクステンドが+50,000ごとですから、
あえて危険を冒してまで取りに行く必要はありません。
やはり、3つで1アップというのが理由ですね。
1つ取った所で、じゃあ残り2つは確実に取れるのかというと、
そんな保障は一切ありません。
なのであれば、初心者の方は無理しなくても良いのです。
エクステンドに気を取られ、追加ダメージを受ける方が痛いですし、
何より戦略に響きますから…


【アンチは取って良いのか】

これも文字通りであれば、取って良い訳はありません。
文字通りであれば、です。
ただ、取っても良い状況は存在します。

そもそも、アンチで嫌なのはパワーダウンする事です。
火力は下がるし、首は無くなるし、スモールは解除されるし…
良い事なんて全くありません。
だから、避ける訳です。

じゃあ逆に言えば、パワーダウンしない状態なら、取っても問題無いのです。
その状況は、もうお分かりかと思いますが…
・ブルードラゴンで、火力1・首1の時。
・ブルー・スモール以外のドラゴンで、火力1の時。
…この場合は、アンチによるマイナスは全くありません。
というか、もう下がり切っている状態ですから、
下がるものが無い訳ですね。

これが想定される状態は、基本的には『ミス復帰後』となります。
ミス復帰後にまだパワーアップしていないのであれば、
アンチなんてタダの脅しに過ぎません。
アンチを避けて敵弾に当たる…なんてのは、非常にもったいないプレイです。

また、この状況で更に、こんな状況に遭遇した場合…
『アンチのすぐ側に、ファイヤーアップアイテムがある』
…こんな時は、取る順番を工夫すれば、アンチを1つ画面から消す事が出来ます。
もう答えは簡単ですよね?
『アンチ→ファイヤーアップ』
この順番で取れば、自分は火力2になり、
画面からアンチを1つ掃除出来る、という訳です。
この順番で取れる状況があれば、
スモール以外のパワーアップの時にも応用出来るかと思います。
火力3の時にアンチを取って火力2、すぐにファイヤーアップで火力3。
まぁ、こんな状況は滅多に無いでしょうが、
こういう事でパワー維持は可能という事は、覚えておいて損は無いかと思います。


【スチールドラゴンの有用性とは】

ちょっと趣向を変えまして…
スチールドラゴンについて、考えてみたいと思います。
スチールが出てきた時に、スイッチするべきなのか、そうでないのか…
これはですねー…
もちろん人によって意見は分かれるのでしょうが、
状況にも大きく左右されるドラゴンであるかと思います。

スチールドラゴンは、エリア6とエリア8でお目に掛かれます。
従って、使用出来るエリアは6以降となるのですが…
まず、スチールドラゴンの特徴をおさらいすると…
・溜め撃ちがホーミングショットで、空の敵を追尾する。
・対地ファイヤーの有効範囲が他のドラゴンよりも広い。
…ですね。
これは知識編でも書いた事です。

では、その特徴から『何がブルードラゴンより特化している』のか。
それは『空の敵、全方位へ攻撃が出来る』という点ですね。
しかしー…
エリア4の時点で、空の敵全てにダメージを与えられるスパークが、
先に登場してしまっています。
スチールはスパークの後釜でありながら、
空の敵全てにダメージを与えられないという点で、
既に後れを取っています。
しかも、倒せない敵に対しても向かっていってしまい、
倒せる敵には手薄になるという、ちょっと賢くないホーミング弾ですから、
そこがより拍車を掛けてしまいます。

では、本当に有用性は無いのかというと、必ずしもそうは言い切れません。
スチールが使用出来るエリアで考えていくと、
エリア6・7は、画面下から敵が出てきますから、
全方位に攻撃出来るスチールは、悪くはありません。
エリア9では、空の敵は広範囲に及びますから、
こちらでもエリア適正は悪くありません。
ただ、スパークと比較しなければ、という事です。

スパークと比較してしまうと、やはり遅れを取ってしまいますが、
では、他のドラゴンと比較した場合はどうでしょうか?
ブルー・ファイヤー・アックス…
この3種類では、ドラゴンの下方に攻撃は出来ません。
そういった点から見れば、状況によってはスチールが良い事になります。
特にエリア6は、ロックヘッドをアックス等で突破した方は、
全方位に攻撃が出来ないドラゴンのまま進む事になってしまいます。
それよりは、全方位に攻撃出来るスチールの方が有用性が高いという事になります。

では、スチールとスパークが同時に選べてしまう状況では、どうでしょうか?
エリア8は、まさにドラゴン選びたい放題となる訳で、
そういった状況になってしまうと、やはりスパークの方が使い勝手の点で上です。
ケースバイケースとはいえ、やはりスチールは登場も遅いですし、
なかなか使われないドラゴンなのかもしれませんね。


【スモールドラゴンは、取るべきか】

ちょっと特殊扱いのスモールドラゴン、
稀に見かけるアイテムですから、何となく取りたくなってしまいます。
ですが、果たして本当に取ってしまって良いのでしょうか?
こちらも、色々な状況を想定して考えてみましょう。

まず、スモールドラゴンの仕様を思い出して下さい。
・攻撃はブルードラゴンに従順。
・ドラゴンの大きさが小さくなり、当たり判定が小さくなる。
・1回のパワーダウンで、効果を失ってしまう。
・他の変身とは、掛け持ち出来ない。
…こんな所ですね。

さて、ではスモールドラゴンにする事で、メリットはあるのでしょうか?
スモールドラゴンだけを見た場合、当たり判定が小さくなる訳ですから、
それは歓迎すべきポイントですよね。
ドラセイのスモールドラゴンは、火力に応じて首も増えますから、
攻撃力という観点でも、ブルードラゴンと同等です。
ここだけ見れば、スモールドラゴンにしたくなります。

ですが、もちろん問題はあります。
スモールドラゴンは、他のドラゴンと掛け持ち出来ないという点、
やはり、これが一番大きいのではないでしょうか。
そして、1回のダメージ・アンチで効果を失い、
ブルードラゴンに戻ってしまいます。
この『ブルーに戻る』という点が問題でして…
例えば、アックスからスモールになって、1ダメージ受けてしまった場合、
ブルードラゴンになってしまう為、もちろんアックスの力は失ってしまいます。
これはアンチ並に厄介な時もあります。

エリア毎に攻略ドラゴンを決めている方、
一度変身したら、そのドラゴンのまま進める方、
そのどちらのプレイスタイルに対しても、マイナスとなってしまいます。
変身していた能力を、まるっと失ってしまいますからね。

では、スモールドラゴンは全く使えない子なのかというと、
決してそうでもないのです。
まず、一番の例を挙げると…
『ミス復帰後のブルードラゴンで、スモールを所得』
これは、非常に助かるのではないでしょうか。
ミス復帰後は、能力どころか火力さえもありません。
首だって1本になってしまいます。
しかし、ここでスモールを取った場合、
まず当たり判定の縮小というプラス効果が得られます。
そして、その後は『ファイヤーアップ』さえ取れば、
火力と首の両方を同時に強化出来るのです。
そう考えると、復帰後のスモールアイテムというのは、
かなり恩恵があるのではないでしょうか。
火力は他のドラゴンにチェンジしても引き継がれますから、
スモールで強化した火力も無駄にはなりませんし。
急場しのぎには打って付けなのではないかと思います。

他にも、これはあまり無いとは思うのですが、
道中の大半をブルードラゴンで攻略される方。
こういったプレイスタイルであれば、
スモールドラゴンの効果が大きいのではないかと思います。
ただまぁ、ブルーで攻略を行う方が一体どれだけいるのか…
それは分かりません。

ですから、スモールを取るのだとすれば…
『ブルードラゴンが大前提』
…となりますね。
ブルーの時であれば、デメリットはほとんどありません。
もちろん、ブルーの時でもデメリットは存在します。
それは、増えていた首が無くなる事です。
例えば、首3ブルーでスモールになり、ダメージでブルーに戻った場合、
首1のブルーになってしまいます。
まぁ、首2の時はスモールを経由するしない関係なく、
ダメージで首1になる訳ですから、
そこまで気にする程では無いかもしれませんけどね。
ブルードラゴンの時であれば、
積極的にスモールアイテムを取りに行っても大丈夫そうです。




…という訳で、今回もドラセイに関する記事を書いてきましたが、
これでとりあえずは終了となります。
3回の記事を含めると、非常に長い記事となってしまいました。
これらの中から、ドラセイプレイヤーの方々に1つでも役に立つ情報があれば、
私としては「書いて良かった」かなと…

最後にちょっと裏話なんですが、
これらの記事を書くに当たって、久々にドラセイをプレイしてみたんですね。
もちろん、私自身が一度1プレイクリア出来た戦略を使って。
ですが…
クリア出来なかったんですよ(苦笑)
エリア7の中盤から全く進めずにゲームオーバー。
ただ、記事にする以上、薄れた記憶を頼る訳には行きませんから、
どうしても全エリア確認したかったのです。
なので、何度目かのゲームオーバーでしぶしぶコンティニューをしたのですが、
それでもクリア出来ず、何度目かのコンティニューでやっと突破するという始末…
その後もエリア9で一度ゲームオーバーになり、
再度コンティニューをして、ようやくエンディングとなりました。
いやー…
シューティングはやっぱり『継続する』のが正しいと痛感しましたねー…
何年もほったらかしにしてしまうと、かなり鈍ってしまうのが分かりました。
皆さんも「クリア出来ないから」と、諦めないで下さい。
継続する。
そうすればいつかきっと、クリア出来る日が来るハズです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岩田

Author:岩田
素敵なドラゴン、いないかな…

ドラゴン・龍・爬虫類好きな、
ドラゴンノベルを書いてる人。
趣味は和太鼓・DTM・自動車関係・自転車・ラジコン・
ゲームなどなど。

訪問者数
最新記事
カテゴリ
リンク
月別カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ユーザータグ

ドラゴン  振り返り センコークーラ フィー ドラゴンドライブ フィット ドラノベ ポケモン アルト 燃費 イラスト DTM ヨーヨー ヘッドホン SOLiVE24 ノベル イヤホン リザードン 桶太鼓 ドラゴンセイバー  ノベログ 献血 サンダードレイク 太鼓 MIDI チャッパ  インテ 備忘録 mp3 シンダー オリジナル トライバルドラゴン 色違い チョコボ ラジコン デザートゲイター スパイロ バハムート チョコボスタリオン プリンター 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。