スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTB フロントシフトワイヤーを交換する

ポケダンも一段落した事ですし、今日は天気もまずまずでしたから、
切れていたフロントシフトワイヤーの交換に打って出ました。
まぁ、MTBのシフトワイヤーは露出していますし、作業自体も簡単です。
チューブ交換やパンク修理に比べれば、断然簡単な作業と言えます。
ですので、ついでに潤滑メンテも行う事にしました。



さてさて、まずはシフトワイヤーの交換です。
使用するのは、シマノの『シフトケーブル』の一番安い物。
購入時の金額は…100円前後と、すこぶる安い物です。
まぁ、中古で1000円のマウンテンですから、
そんな高価なワイヤー使わなくても…ねぇ…
しかも外保管ですから、どうせまた痛むのは目に見えています。
なので、安いワイヤーで十分です。

で、早速ワイヤーの交換を行います。
まずは、調度真ん中で切れてしまった古いワイヤーを取り外します。
前方はサムシフターからタイコを取り外し、スルスル抜いて終了。
後方は変速機に繋がっているボルトを緩めて、取り外し終了。
簡単なものです。

次は新品のワイヤーを通していきます。
シフターの穴から先端を入れ、タイコを固定します。
アウターケーブルにワイヤーを通し、フレームの底の溝に通し、
そのままフロントの変速機の方へ持っていきます。
ここで一旦、ボルトに固定します。

さて、これで変速機に繋がりました。
これで終了……という訳にはいきません。
簡単な作業ですけど、これで終わっては大変な事になります。
このワイヤーは前後共用の物です。
つまり、フロントにこのワイヤーを使うという事は……お分かりですよね?
当然ながら余りの部分が多いんです。
ですので、一旦ボルトに固定したのは『長さを見る為』という訳です。
ここで長さを確認して、それで適切な位置でワイヤーを切断します。

切断はペンチなりニッパーなり何なりで行います。
私はダイソーのペンチを使いましたが……物が悪かった…!
これ、刃が無いじゃないですか…!
本来は刃の部分が、まっ平らになっているではありませんか!
おいー……
これでは潰すだけで、一向に切れません。
ぬ…ぬぬ……
こうなれば力ずくです!
思いっきり挟んでグリグリと動かせば、金属とて切れるハズ!
半ば強引な手段でしたが、とりあえず切断出来ました。
まぁ、切断面は綺麗ではありませんが、どうせキャップするので気にしません。
皆さんは、ちゃんとしたペンチなりニッパーなりを使って下さい(笑)

ワイヤーが適切な長さになったので、先端にキャップをはめます。
これもシフトケーブルに同根されていたので新品ですが、
同根されていなかった場合は、古い物から取って流用しなくてはなりません。
キャップが無いと万が一ケガをしたりして危険ですから、
ちょっとした部品ですけど、きちんとはめる様にしないとマズイです。
ワイヤーを奥まで差し込んだら、ペンチで圧縮します。
キャップを変形させて、キャップもろともワイヤーを固定する訳ですね。


キャップも付け、ワイヤーの準備は整いました。
今度はワイヤーをしっかりと『張る』必要があります。
いや、最近のシフターの事は分かりませんけど、
このサムシフターはロックする箇所がありませんから、
多少の緩みでも、レバーをグッと動かせば変速するので、
あんまり『ワイヤーの伸び』とか気にしないのですが、
それでも伸びてからの張り直しは面倒です。
緩くなりすぎると、今度はレバーの作動領域が広くなりすぎて、
動かす親指が大変になります。
ですから、初めからしっかりとワイヤーを張っておく事にします。

ワイヤーはペンチで持っておき、先程のボルトを緩めます。
そうしたら、ワイヤーを力一杯引っ張ります。
そりゃもう思いっきりです。
使っている内にワイヤーが伸びてしまうと、
また張り直して調節しなくてはならず面倒です。
最近のシフターなら、きちんと変速してくれなくなる可能性もあります。
ですから、予めわざと伸ばしてやる訳です。
ワイヤーは際限無く伸びる訳ではありませんから、ある所で必ず止まります。
まぁ……私の場合、その判断はテキトーでしたが(笑)
とにかく、先に伸ばしてやれば良いんです。
そうすれば、ピンピンにワイヤーを張る事が出来ますし、
その状態が維持出来ていれば、伸び切っているという事です。


以上でフロントシフトワイヤーの交換は終了。
ついでにリアシフトワイヤーの張り直しをして、ワイヤー関連は終了です。
いやー、ワイヤーの交換はラクで良いですね!
チューブ交換を経験していると、この作業はラクな方と感じます。

ワイヤーを交換したので、今度は潤滑メンテです。
KURE5-56は以前の修理時にガス欠で使えくなっていたので、
以前購入しておいたダイソーの自転車オイルを使用します。
チェーン等の駆動系全般に、オイルを注していきます。
回転部分の軸なんかもオイル注してあるかないかで違いますから、
その部分も忘れずに注していきます。
ペダルの付け根とか、結構効果があったりします。
これで以前よりは軽く動くハズです。
…っていうか、このオイル…一度の流量が多すぎ(笑)


その後、簡単なテスト走行をして各部のチェックをしました。
フロント・リアの変速チェック、全力走行チェック等々…
変速も問題無く、全力で走行しても以前問題となったリアホイールの歪みもありません。
これで…このマウンテンバイクも万全の状態となりました!
いやー……随分とかかりましたねぇ…
ですが、またこのマウンテンで走れると思うと…何だか嬉しいですね!
古くて得体の知れない規格外のマウンテンバイクですけど、
私にとっては大切な1台ですからね。
直ってホッとしています。
良かった良かった!

明日はロングランでもしようと思っています。
岐阜にでも舵を切って、久々に自転車で遠出でもしようかな…と。
このマウンテンは何故だか雨の確率が高いので、
明日は雨が降らない事を祈ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岩田

Author:岩田
素敵なドラゴン、いないかな…

ドラゴン・龍・爬虫類好きな、
ドラゴンノベルを書いてる人。
趣味は和太鼓・DTM・自動車関係・自転車・ラジコン・
ゲームなどなど。

訪問者数
最新記事
カテゴリ
リンク
月別カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
ユーザータグ

ドラゴン  振り返り センコークーラ フィー ドラゴンドライブ フィット ドラノベ ポケモン アルト 燃費 イラスト DTM ヨーヨー ヘッドホン SOLiVE24 ノベル イヤホン リザードン 桶太鼓 ドラゴンセイバー  ノベログ 献血 サンダードレイク 太鼓 MIDI チャッパ  インテ 備忘録 mp3 シンダー オリジナル トライバルドラゴン 色違い チョコボ ラジコン デザートゲイター スパイロ バハムート チョコボスタリオン プリンター 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。