スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車を修理する マウンテンバイク編 その2

今日は天気も良く、風もそんなに強くありませんでしたから、
見送っていたマウンテンバイクの修理を再開です。
前回の修理は『パンク修理』だった訳ですが、あえなく失敗。
しかも最後の修理用パッチを消費してしまい、手持ちはゼロに。

そんな状態で終わっていましたから、
とりあえず今日までに必要な物はそろえておきました。
・修理用パッチ
・リムテープ
これらを新規でそろえました。
さて、これで準備は万端です。
早速、修理に取り掛かります!



まずは、前回同様リアホイールを取り外します。
パンク修理だけなら、別に取り外す必要はありませんが、
前回の修理時にリムテープの劣化が見て取れたので、
そこもしっかり確認したかったのでホイールごと取り外します。
マウンテンバイクはシティと違って、リアホイールが簡単に取り外せるので良いですね!

さて、ホイールは外しました。
次はタイヤの片側を外し、チューブを引き出します。
まずはチューブの状態をチェックです。
前回のパンク修理箇所は……やはりパッチが半分剥がれていました。
これでは空気が漏れるのも納得です。
そこをもう一度修理しなおしても良かったのですが、
改めてチューブ全体をチェックしてみた所、
別の場所のリム側に、小さな亀裂と、ちょっとした丸い膨らみを発見。
亀裂は小さく、まだ貫通はしていなかったものの、
そのまま放置すれば新たなパンクの原因になりかねません。
丸い膨らみは…恐らくリムテープ劣化によるものと考えられます。
チューブ自体、長年使われていたと思われるので、
その影響もあると思います。
つまり、このチューブを直した所で、
また同じトラブルが出るのは明らかです。

という訳で、チューブのパンク修理は中止。
チューブは準備編で容易しておいた新品に交換する事にしました。
ただまぁ、チューブに記載されている型が、
『24×1.5~1.75』
なのに対し、マウンテンバイクに装着されているタイヤサイズは、
『24×2』
という、バカ太いタイヤなので、
このタイヤに対し、新品のチューブが対応出来るのか一抹の不安があります。
空気を入れたらバースト…なんて、シャレにもなりません。
ですが、24インチのHE型チューブで×2なんてサイズ、
近場のお店にはありませんでしたし、
そもそも現在、そんなサイズのチューブなんてあるんですかね?
とにかく、このチューブで行くしかありません。

さて、おニューのチューブを装着する前に、まだやる事があります。
そうです、リムテープの交換です。
古いリムテープは、何だかゴムの様な素材。
しかも、場所によってはヒビが…
これではチューブを新調しても再びパンクしかねないので、
リムテープの交換に移ります。
まずは古いリムテープをベリベリと剥がしていきます。
剥がしてみてビックリ!
ニップルが丸見えです!
スポーツバイクなら、スポークは穴の中にあるハズなのですが…
おいー…
やっぱりこのマウンテンは、
『見てくれマウンテン(マウンテンルック車)』
だったという事ですかね…
少なくとも、現在のスポーツバイクの規格には当てはまりません。
まぁ…中古で1000円でしたからねぇ…
そこまで期待する方も、どうかという事なんですかね。
別にまぁ、現在のシティより走るので、そこまで気にはしませんが。

で、今度は新品のリムテープを貼り付けていく訳ですが…
何だよコレ、ただの『厚めのビニールテープ』の間違いじゃないのか…?
これでニップルからチューブを守れるのか、非常に疑問な訳ですが、
古いリムテープもペラッペラだったのを考えると、
こんなモンなんでしょうかねぇ…
…というか、新品のこれは汎用リムテープなので、
いわゆる一般的なヤツ…という訳です。
やっぱり見てくれなのか、このマウンテンは…


これでリムテープも新品、チューブも新品です。
後はタイヤを装着して、チューブを格納して、フレームに取り付けて…
で、空気を入れれば元通り!…という訳なのですが、
上にも書きましたが、このチューブとタイヤは規格外の組み合わせ。
空気を満タンに入れた時、チューブが持つのかどうかが気がかりです。
それでバーストとなったら…タイヤを規格内の物に新調するしかありません。
でもって、バーストしたらチューブもダメですから、そちらも新調。
…出費がかさむので、出来ればバーストは勘弁してほしいのですが…

恐る恐る空気を入れていきます。
バンッ……なんてのは寿命が縮むので、本当に勘弁してほしい所。
次第にタイヤが膨れてきました。
後は、私が乗っても大丈夫な程の空気圧が必要です。
適正空気圧?
そんな記載なんて、ある訳がありません。
だって中古で1000円ですよ?
そんなマウンテンに、適正空気圧とか書いてあるハズありません。
空気圧は『カン』に頼って、カンカンに入れるという…
いや別に上手い事言ったつもりはありません(笑)

…どうやら無事に空気が入った様です。
空気漏れも、バーストもしませんでした。
まぁ、とりあえず今は大丈夫でしょう。
今後、実際に走った時どうなるのか、そこまでは分かりませんが、
とりあえずは修理完了、乗れる様になりました!
これで、明日になったら空気抜けてました…なんてなったら、
もうどうすれば良いのよ…ってなりそうです。
このまま無事でいてくれる事を祈ります。
というか、無事でなくてはいけないのですがっ!


さて、修理が終わったので、ついでにメンテでも…なんて思い、
恒例の『KUREメンテ』をしようと思ったのですが、
残念ながらKURE5-56は空に…
というか、実際には液体は残っているっぽいので、
どうやらこれはガス欠の様です。
おいー……
先にガスが無くなるとか、どうしようも無いじゃないの…
まぁ、事前にダイソーで自転車用のオイルを買っておいたので…って、
これ、先端切らないと使えないじゃないか!
カッターもハサミも、ましてや穴を開ける物さえも持ち合わせていません。
おいー………
結局、潤滑メンテは出来ず仕舞いでした。
しっかりしたメンテは、また後日ですね。

潤滑メンテは出来なかったものの、
リアブレーキシューの調整、シフトワイヤーの調整はやっておきました。
シフトワイヤーは、ずっと前から伸びていたんですよねー。
特に、新品に交換したリアシフトワイヤーは伸び伸び。
サムシフターでグッと動かしても、レスポンスがとてつもなく悪い。
なので、これは張り直してやらないとなーなんて思っていたのですが、
その前にパンクしてしまったので…
修理が先になってしまったんですよね。
まぁ、張り直しなんてボルト緩めてちょいちょいっとやるだけですから、
特に難しい作業でも何でもないんですけどね。
まだパンク修理の方が面倒ですよ(笑)


とりあえずマウンテンバイクは乗れる様になりました。
また気候条件が良い日に、テスト走行をしたいのですが…
出来れば早めにやりたいですね。
これからの時期、寒くなってきますし、風も強くなったりしますし…
堤防沿いのサイクリングロードも新しくなっていた事ですし、
そこを走りながら岐阜に向けて舵を切るのも面白そうです。
気分転換に走ってきましょうかね?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岩田

Author:岩田
素敵なドラゴン、いないかな…

ドラゴン・龍・爬虫類好きな、
ドラゴンノベルを書いてる人。
趣味は和太鼓・DTM・自動車関係・自転車・ラジコン・
ゲームなどなど。

訪問者数
最新記事
カテゴリ
リンク
月別カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
ユーザータグ

ドラゴン  振り返り センコークーラ フィー ドラゴンドライブ フィット ドラノベ ポケモン アルト 燃費 イラスト DTM ヨーヨー ヘッドホン SOLiVE24 ノベル イヤホン リザードン 桶太鼓 ドラゴンセイバー  ノベログ 献血 サンダードレイク 太鼓 MIDI チャッパ  インテ 備忘録 mp3 シンダー オリジナル トライバルドラゴン 色違い チョコボ ラジコン デザートゲイター スパイロ バハムート チョコボスタリオン プリンター 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。