スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルトとの思い出 3

アルトは相変わらず元気に動いています。
あんなにボロボロなのに…頑張ってるなぁ…
相棒が、こんな姿でも今まで通り私と一緒に走ってくれているのに、
私もいつまでも凹んでいられません。
そう考えると、ちょっとは気持ちが楽になりました。
というか、落ち込んでいたら頑張っている相棒に失礼ですから…

では、今日もアルトのログを残していこうと思います。



初心者の内は、慣れない状況に直面すると焦るものです。
今では何とも思わない事でも、やはり初心者ですから…
あの時は焦りましたねぇ…


アルトで買い物に出かけた私。
その帰り道での出来事でした。
交通量の多い堤防への合流ポイント、そこが今回の舞台です。

交通量が多く、しかも堤防での合流ですから、
まだ完全に慣れていない私は焦って焦って…
左右の確認をしつつも、なかなか合流出来ず…
仕舞いには、後のドライバーから『行け』という合図を送ってもらう始末…
それで何とか合流出来たものの…
いやー…
あの時は焦りましたね…


さてー…
堤防の合流なんて、別に何とも思わない方も多いのでしょうが、
それは車がATの場合。
もし、あなたの車がMTだとしたら…?
慣れないと焦りますよ~。

それには理由があるのです。
何故なら、堤防の合流というのが一番のポイント。
別に、交通量の多い道路…というだけなら、難なく合流出来た事でしょう。
ただ、そこが『堤防』なのです。
堤防というのは、土地が高くなっていますよね?
高い所に行くには、坂を上らなくてはいけません。
そう、今回は『上り坂での合流』がキーポイントとなります。

現在普及しているATやCVTは、
ブレーキを踏まなければ『クリープ現象』で進むという特徴があります。
ただ、坂道の程度によってはやはり後退してしまいます。
その後退をしない様に発進するのが『坂道発進』ですよね。
まぁ、AT等では余程使う機会はないでしょう。
先のクリープ現象で、そこまでがくっと下がらないですし…

ここまで書けば、もうお分かりな方も多いでしょう。
そうなのです、私のアルトはMT車、そして坂道から交通量の多い道路への合流…
経験も浅かったですから、これがもう大変で大変で…
MTの坂道発進には、常に付きまとう事が1つあるんです。
それが『エンスト』
そうです、タダでさえMTの坂道発進には慣れが必要、
それなのに、交通量の多い道路へ合流しなくてはならない。
もしエンストしてしまったら…
横から激突されるかもしれない…
それに、万が一発進に失敗して下がってしまったら…
その恐怖から、なかなか切り出せなかったんですよねー。
いやぁ、あの時は怖かったですねー…

今でこそ、毎日トラックで坂道発進をしていますから、
坂道発進の操作自体は、特に焦ったりせずに行えます。
というか、エンストしたって焦りません。
これは、アルトで何度も坂道発進を経験してきた事もあるからです。
今の私の坂道発進の技術は、相棒のお陰で習得出来たものなのです。
本当に相棒には感謝しています。



今、初心者でMTに乗っている方なんて、日本で数える程なのかもしれませんが、
そういった方に、ちょっと坂道発進のコツをアドバイスです。
まぁ、教習所で教えてもらった方もいるかと思いますし、
もう自分なりのやり方を習得している方もいる事でしょうが、
もしかしたら助かる方もいるかもしれないので…

さて、坂道発進の手順というのは、
・坂道で停車後、サイドブレーキを引く
・ギアを1速に入れる
・クラッチを半クラッチ程度に繋ぎつつ、サイドブレーキを解除していく
…というのが常識です。
というか、こういった形で説明しますよね、誰もが。
この説明には、盲点があったんですよ。
サイドブレーキを解除するという部分がポイントでして…
普通、サイドブレーキには勝手に解除されない様にスイッチが付いています。
あの解除スイッチです。
サイドを解除する時、スイッチを押しながら解除しますよね?
このスイッチが盲点なんです。

このスイッチというのは、あくまでサイドブレーキを解除『可能』にするスイッチ。
つまり、このスイッチを押したからといって解除される訳ではないのです。
このスイッチを押すと、レバーがフリーになるだけなのです。
フリーになるからこそ、解除が出来る訳ですが、
この状態を上手く利用してやれば良いのです。

手順としては、サイドを下げる直前までは一緒です。
・1速に入れておき、サイドの解除スイッチを押しながらサイドレバーを『引いておく』
…その後も同じです。
これ、何がしたいのか分かるでしょうか…?
この操作の意図は、
『解除スイッチを押して、サイドを一気にガチャっと下げる』
というのを防ぐ事にあります。
あらかじめ解除スイッチを押しておく事で、
サイドレバーがフリーになるのは先の説明の通りですが、
そのフリーの状態で、自由にレバーを操作出来る状態を使う…という方法なのです。
この状態ならば、既にレバーは自由に動かせますので、
後はクラッチとスロットルとの兼ね合いだけです。
ゆっくりサイドを下げてもOKです。

ただ、解除スイッチを押せば、当然レバーは解除出来る状態になっているので、
やはり当然ながら、サイドレバーを自分の手で引いておかなければ、
サイドレバーは下にストンと落ち、解除されてしまいます。
こうなったら後退してしまいますので、そこは注意して下さい。

ちなみにー…
『この方法で事故ったぞ、おい!』
…というのはナシでお願いします。
いつも書きますが、あくまで『自己責任』で!
まずは安全な所で試すなりで、自分に合っているかを確認して下さい。
事故ってからでは遅いので…
あくまで、円滑な坂道発進のアドバイスという事をお忘れなく…!



…という方法を習得出来たのも、やはり相棒のお陰なんですよねー。
あの坂道発進合流以来、ちょっと坂道発進が怖かった時期もあったのですが、
それを共に乗り越え、新しいやり方も身に付け…
今の私の坂道発進は、大げさでも何でもなく、
アルトと共に身に付けていったものなんですよね。
色んな道を、相棒と一緒に走りましたからねぇ…

色んな道といえば、最悪の路面状況の中、走った事もありました…

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【アルトとの思い出 3】

アルトは相変わらず元気に動いています。あんなにボロボロなのに…頑張ってるなぁ…相棒が、こんな姿でも今まで通り私と一緒に走ってくれているのに、私もいつまでも凹んでいられま...

コメントの投稿

非公開コメント

手動変速

こんにちは。はじめまして。
アルト、残念でしたね。でも、良い思い出がたくさんあるのはすばらしいと思います。

ワゴンRの手動5速に乗っています。慣れると変速機やクラッチは手間には感じないものですね。

パーキングブレーキの解除方法について書いていらっしゃることですが、解除ボタンを押してブレーキの効き加減を調節しながら発車するのは皆さん普通にしていることだと思いました(教習所のときから無意識にそうしている)。右足・左足・左手で自動車とt対話しながら走り出す感覚、なかなか楽しいですよね。

Shiraさん、コメントありがとうございます。


> 良い思い出がたくさんあるのはすばらしいと思います。

ありがとうございます…!
免許を取って初めての相棒、それも7年も一緒に走ってきましたので、
本当に色々な思い出が残っています。
もちろん、良い思い出のみならず、悪い思い出もあったりしますが、
それでも色々な経験をさせてくれました。
本当に、最後の最後まで良い相棒でした。


> 慣れると変速機やクラッチは手間には感じないものですね。

そうですよね~!
私なんて、逆にクラッチが無いと落ち着かなくて…
最近、代車でCVTの車に乗ったのですが、やはり落ち着きませんでした…
私は『そういう肌の人』なのかもしれません…(苦笑)


> パーキングブレーキの解除方法について書いていらっしゃることですが~…

何と!教習所の頃からですか!凄いですね!
私が教習所で練習していた頃は…一気にストンと下げてましたね(苦笑)
『スイッチを押しながらレバーを加減出来る』という事に気付くのに、
随分と時間が掛かってしまいました。
私の知人にもMT乗りがいるのですが、その人も気が付いていなかった様で…
この辺りは『センス』なのかもしれないですね~。


> 右足・左足・左手で自動車とt対話しながら走り出す感覚、なかなか楽しいですよね。

同感です!
ATやCVTなんかだと、やっぱり『物足りなさ』を感じるんですよね。
最近ではパドルシフトを付けたCVTなんかもありますけど、
やっぱり車と対話するという点では、クラッチも無いと…!
クラッチが在るか無いかで、結構大きく違うと思うんです。
私は実感しているんですけど、
その時の体調・気分等、自分自身の状態が車に反映されるんですよね。
それこそ『クラッチの繋ぎ方が、いつもより荒い』とか、
『クラッチを繋ぐ直前のエンジン回転数が、いつもより高かった』とか…
細かな事ですけど、やっぱり微妙に違ってくるんですよね。
こういった部分も、車との対話なんじゃないかな~、なんて思ったりします。

やはり、車と対話をしながら走る感覚というのは、素晴らしいと思います!
プロフィール

岩田

Author:岩田
素敵なドラゴン、いないかな…

ドラゴン・龍・爬虫類好きな、
ドラゴンノベルを書いてる人。
趣味は和太鼓・DTM・自動車関係・自転車・ラジコン・
ゲームなどなど。

訪問者数
最新記事
カテゴリ
リンク
月別カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
ユーザータグ

ドラゴン  振り返り センコークーラ フィー ドラゴンドライブ フィット ドラノベ ポケモン アルト 燃費 イラスト DTM ヨーヨー ヘッドホン SOLiVE24 ノベル イヤホン リザードン 桶太鼓 ドラゴンセイバー  ノベログ 献血 サンダードレイク 太鼓 MIDI チャッパ  インテ 備忘録 mp3 シンダー オリジナル トライバルドラゴン 色違い チョコボ ラジコン デザートゲイター スパイロ バハムート チョコボスタリオン プリンター 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。