スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルトとの思い出 2

えー…
まだまだ気持ちの整理がしっかり出来ていなかったりします。
色々あって、心身ともにボロボロです…
仕事は気持ちでカバーしていた部分が多くあったので、
ちょっと勢いに乗れずに苦労しています…
このままだと私自身の心が壊れかねないので、
早く気持ちを切り替えないといけないのですが…なかなか…
アルトの現状を見ると、やっぱり色々考えてしまうんですよね…

アルトの現状はというと…
ボディの歪みから生じる雨漏れは、ドアのゴムパッキンを押し込んで応急処置。
これで少しはマシになったと思います。
ただ、新たな問題が…
連日の雨で、塗装が剥がれている部分がサビに侵食されてきていまして…
これは…ちょっと手の打ち様が無く…
指をくわえて見ているしかありません…
他は…
フロントサスは、相変わらず歪んだボディと干渉してキシキシと音を立てますが、
走行に支障はありません。
というか、あの事故でアライメントすら狂っていないのか、
相変わらずの燃費で走行しています。
リッター20超えも、これなら楽勝です。
…何て車だ…
凄い車です、全く…
まぁ、運良く駆動・操舵系にダメージが無かったのが最大の要因だった訳ですが、
それでも…凄いな…


では、昨日に引き続き、思い出をログにしていきたいと思います。



運命の出会いとも言える出会いをした、私とアルト…
初心者の頃は専門学生だった私は、
週に1~2回程度の運転しかしていませんでした。
そんな1年目の冬…
ある事件が起こりました。
それが…バッテリーに関係する事件でした…


外の気温は、いかにも冬の日中といった感じだったでしょうか。
太陽のパワーがそんなに感じられず、風も冷たく感じる日…
幸い、その日は晴れていた為、震える程の寒さではありませんでした。

アルトはというと、購入時のバッテリーをそのまま使っていました。
無料交換はしておらず、その時期の目安はだいたい秋頃…
ゆうに、その時期を越えていました。
ただでさえヘタれているバッテリー、それに追い討ちを掛ける気温、
そして、一週間程度の放置…


私はいつもの様に、アルトで外出をしようとしていました。
時間は昼頃だったと思います、既に太陽は上空で輝いていました。
いつもの様に鍵を開けて乗車し、さぁエンジンを…
『ク……ク……ク……ク……………』
…やけに回転数の低いセルモーター。
そして、そのままモーターは力無く回転数が落ち、仕舞いには止まってしまいました。
「…!」
その時は、初めて直面した事態とはいえ、直感的に『ヤバい!』と思いましたね。

私はブースターケーブルなんて持っていませんし、
持っていたとしても繋ぐ相手がいません。
親はその時間帯はいませんでしたし…
そして、当時は『押しがけ』にも詳しくなく、MTのメリットを生かしきれませんでした。

どうしよう…
このままでは、本当にエンジンが始動出来なくなる…
時間を置いて何度もやってみましたが、やはり結果は同じ…
これはマズイ…

そこで、一旦落ち着いて冷静に考えてみる事にしました。
エンジン始動は、まずモーター。
モーターは、当然電気を使うので、バッテリー。
つまり、モーター始動時に他の電力を削ってやれば、その電力をモーターに回せる…
他に使っている電力は…
・始動時のブレーキを踏む事による『ブレーキランプ』
・キーを回した時の『システムチェック』
こいつらです。
つまり、エンジンを始動する時にブレーキを踏まず、
そして、キーは挿した状態から一気に点火まで回す。
これらが、一つ目の対策。

それから、バッテリー自体の問題を考えます。
バッテリーは、形が大きくなっているとはいえ『電池』です。
電池は、温度が低くなれば性能が低下します。
つまり…
このバッテリーを暖めてやれば、少しは変わるハズ…
という訳で、ボンネットを開けて天日に当ててやります。
影になる方は、私が手を当てて暖めます。
この状態で、しばらく様子見…
これが、二つ目の対策。

で、しばらく時間が経って、そろそろと思い再び乗車。
今度は先の対策の通り、ブレーキを踏まずに一気にキーを回します。
『ク……ク……ク……ク……』
やはり、相変わらず力無く回るモーター。
またしてもダメかと思いましたが…
『ブゥゥゥゥン………』
おぉ…!
かかった………かかったぞ…!
エンジンが…かかった…!

その後は予定を変更して、アルトを購入したお店へ。
このままのバッテリーでは、いつまた同じ事が起こるかと思うと…
なので、バッテリー交換をしてもらいました。
さすがに、この時は肝を冷やしましたねー…
『どうすればいい!? JAFか!?』
…みたいな。
もう焦って焦って…

しかしまぁ、よくその時は色々と考えれたなぁと。
今だったら、間違いなく押しがけを選んでいたと思います。
結構、体力使うでしょうが、この方が正確かつ早いと思うので…
何はともあれ、その時は無事に始動出来て良かったです。


初心者の時は、他にも焦った事はありましたね。
それは、MT車特有の、ある『特徴』が関係していました…

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【アルトとの思い出 2】

えー…まだまだ気持ちの整理がしっかり出来ていなかったりします。色々あって、心身ともにボロボロです…仕事は気持ちでカバーしていた部分が多くあったので、ちょっと勢いに乗れず...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岩田

Author:岩田
素敵なドラゴン、いないかな…

ドラゴン・龍・爬虫類好きな、
ドラゴンノベルを書いてる人。
趣味は和太鼓・DTM・自動車関係・自転車・ラジコン・
ゲームなどなど。

訪問者数
最新記事
カテゴリ
リンク
月別カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
ユーザータグ

ドラゴン  振り返り センコークーラ フィー ドラゴンドライブ フィット ドラノベ ポケモン アルト 燃費 イラスト DTM ヨーヨー ヘッドホン SOLiVE24 ノベル イヤホン リザードン 桶太鼓 ドラゴンセイバー  ノベログ 献血 サンダードレイク 太鼓 MIDI チャッパ  インテ 備忘録 mp3 シンダー オリジナル トライバルドラゴン 色違い チョコボ ラジコン デザートゲイター スパイロ バハムート チョコボスタリオン プリンター 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。