スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンは本当に『悪』なのか?

さて、キーボードも新調した事ですし、
久々にこのブログに相応しいネタを書こうと思います。

色々な作品で登場するドラゴン、
その大半は『悪』として存在しています。
聖書からゲームまで、様々なドラゴンが存在していますが、
世界征服だの、神への復習だの…
そんな、初めから悪いドラゴンは置いておいて、
ごく一般的な(?)ドラゴン像を、その対象として考えてみたいと思います。


まず始めに、対象となるドラゴンですが…
今回はいわゆる『西洋のドラゴン』を対象にします。
『東洋の龍』は、やはり『龍』である事、
そして、何より『悪』としての存在がほとんど無く、
その大半が『神』だの何だので、崇められているからです。
私は、ドラゴンと龍は区別していますが、
一方で『龍はドラゴンに含まれる』という考えも持っています。
ですが、やはりここは区別して考えていきたいと思います。


さてー…
先にも書きましたが、龍は神として崇められる一方で、
ドラゴンは神の敵であったり、英雄に殺されてしまったり…
ゲームでも『敵』として出てくる方が多いですから、
何となく『悪』のイメージが強いのではないでしょうか。
ドラゴンはよく、
・力の象徴
・暴力の象徴
・悪の象徴
なんて言われますから、ここからもちょっとマイナスイメージになってしまいます。

しかし、広辞苑第五版の『ドラゴン』の説明には、こんな事が書かれています。
『西洋の神話で、翼と爪とを持ち口から火を吐く想像上の動物。
爬虫類の形で表され、一般に暴力・悪の象徴とされるが、
泉・宝物・女性を守護するという説もある。』
この説明も、一見すれば先に書いた通りの事ですが、
3行目の文章に注目してみてください。
『泉・宝物・女性を守護する』
これです。

更に、百科事典マイペディアにも、
『しばしば財宝や禁域を守るが神や英雄に殺される。』
こうも書かれています。
この文章の中の、
『財宝や禁域を守る』
ここに注目です。

上で挙げた2つに共通する事、それは、
『大切な物を守る』
という事。
泉のある場所は、生物にとって大切な場所のハズです。
水が無ければ、生物は生きていけませんからね。
禁域というのは、字のごとく『禁じられた場所』
入ってはいけない・入られてはいけない場所、という事ですね。
宝物は、私たちも自分の宝物は守りたいですよね?
女性を守るというのは、世の男性の1つの姿ではないでしょうか?
誰しもが、自分の恋人や妻を、他者から傷付けられたくはないハズです。

こうして、少し見方を変えてみれば、
ドラゴンの姿というのは、ごくごく当たり前の姿であると言えます。
むしろ、そういった確固たる信念を持って、侵入者を攻撃する…
ある意味、敬うべき行動・意思なのではないでしょうか。
大切な場所・大切な物・大切な女性…
そういった物を守るというのは、私たち人間でも当然の事ですが、
現存する動物であっても、自分の縄張りや住処を守ったりします。
そういった行為が、はたして『悪』なのでしょうか…?

私がドラゴンを好きな理由の1つは、
この『大切な物を守る』という説があるからです。
人として、そういった生き方が出来れば…
そんな憧れでもあり、尊敬でもあり…
だから、私はドラゴンが好きなのです。
現存はしませんが、その生き様とも呼べる説には本当に敬意を払っています。


それでもまぁ、最初に書いた通り、初めから悪いドラゴンはいくらでもいる訳で…
ただ、その中にも『致し方無く』悪くなってしまったドラゴンも、
少数ながらいるハズです。
又は、人間の身勝手で『悪者扱い』されたドラゴンも、やはりいるハズです。
『作品』の中だけの存在ですが、
個々の生き様は、やはりそれぞれ違います。
そこは、私たち人間同様ですよね。
ただ、その『悪者』としての扱いというのは『人間主観』である事から来る事もあります。
ドラゴンも作品の中では生きている訳です。
食事もしなければ生きていけないですし、生活するには住処・縄張りが必要です。
ドラゴンからすれば、人間だって貴重な食料なのかもしれませんし、
縄張りに侵入してくる人間を排除する必要だってあるでしょう。
私達が、他の動物を食べ・生活の為に家を構え…
同じですよね?
私達がドラゴンの視点から見れば、人間が『悪者』にだってなるのですから…


本当にそのドラゴンが悪いのかは『本質』を見なければ分からない事もあります。
作品によりドラゴンの位置付けは違いますし、説も二極化しています。
その自由な所が空想生物たる所以なのですが、
やはり最後にまとめるのだとすれば…
『ドラゴンだから悪、ではない』
という事でしょうか。
ドラゴンだからー…と、まとめましたが、
これは他の空想生物にだって言える事です。
イメージで『悪』だの『善』だの決めるのではなく、
そういった空想生物の『本質』を見たい所ですね。
それが『空想生物』の魅力の1つだと、私は思っています。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ドラゴンは本当に『悪』なのか?】

さて、キーボードも新調した事ですし、久々にこのブログに相応しいネタを書こうと思います。色々な作品で登場するドラゴン、その大半は『悪』として存在しています。聖書からゲーム...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岩田

Author:岩田
素敵なドラゴン、いないかな…

ドラゴン・龍・爬虫類好きな、
ドラゴンノベルを書いてる人。
趣味は和太鼓・DTM・自動車関係・自転車・ラジコン・
ゲームなどなど。

訪問者数
最新記事
カテゴリ
リンク
月別カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ユーザータグ

ドラゴン  振り返り センコークーラ フィー ドラゴンドライブ フィット ドラノベ ポケモン アルト 燃費 イラスト DTM ヨーヨー ヘッドホン SOLiVE24 ノベル イヤホン リザードン 桶太鼓 ドラゴンセイバー  ノベログ 献血 サンダードレイク 太鼓 MIDI チャッパ  インテ 備忘録 mp3 シンダー オリジナル トライバルドラゴン 色違い チョコボ ラジコン デザートゲイター スパイロ バハムート チョコボスタリオン プリンター 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。