スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東プレ REALFORCE LA0100

どうも、ご無沙汰しています。
ここ数日、天国と地獄を味わった岩田です。
まぁ…色々とありましたね、ここ数日は。
仕事で1日の間に立て続けて悪い事が起こったり、
SOLiVE24全国ツアーin名古屋に行ってきたり…
まぁ、色々とありました。
そんな色々とあった数日間でしたが、
この数日の間に新たに入手した物を、今日のネタにしたいと思います。

では、ネタに移る前に…
今日のサブタイトルは『ありがとう茶軸』です。
記事のタイトルからお察しの方も多いハズですが、
そうなのです、ついに私も『静電容量無接点方式』のキーボードを導入しました!
これまでは、メカニカル(茶軸)キーボードを使ってブログの更新をしてきましたが、
今日の記事からは、この新しいキーボードに変更です。
東プレの『REALFORCE LA0100』
ついに我がパソコンのキーボードも、東プレのリアルフォースにっ…!
この機種はロングセラー機なのだそうですが、そこはあまり考えず…
とりあえず一番安くて、昇華印刷・フルキーボードで探しました。
まぁ…コネクタ形状を確認せずに、まさかPS/2だとは思いませんでしたが…
後から別途、USB-PS/2変換ケーブルを買いに走りましたよ、全く…(苦笑)
で、ここまでまだ短い文章ですが、いやー…もうね…
打ち加減最高!!
とりあえず、今までのメカニカル茶軸の記事はコチラ→ 『EZ-DigiX EZ-KB108C02-BK』

ではでは、まずこのキーボードの特徴を記していきましょう。
・キートップの印刷は『昇華印刷』
・キースイッチは『静電容量無接点方式』
・色はグレー、LEDはグリーン
・キーの押し下げ加重は『変加重』
・ウインドウズキーの無い、フルキーボード
…主な特徴は、こんな所でしょうか。

それでは、1つずつ細かく見てみましょう。
まず『昇華印刷』
これは、キーのプラスチックにインクを染み込ませて文字を印字する方法です。
ですので、他の印刷方法よりも印字が消えにくいのです。
キートップの感触も、とても滑らか。
…まぁ、ブラインドタッチの方には、あんまり関係ないかもしれませんが、
キーボード本来の文字の美しさは保たれる…という事ですね。

次は『静電容量無接点方式』
これぞ、このキーボードの最大のポイントでしょうね。
キーの寿命は、他の方式より何倍も上です。
…とは言ったものの、実は私も仕組みまでは詳しく分からないので…
詳しく知りたい方は、別途検索してみて下さい(笑)

次は色関係ですが、
この機種、店頭にはグレーしか置いてなかったのですが、
型番から推測するに、この色しか無いのかもしれないですね。
LEDもグリーンですし…
まぁ、ロングセラー機らしいですから、そこいらから時代を感じますね。
デザインも何となく古臭いというか、ちょっとレトロというか…
最近の高価な機種であれば、LEDは惜しみなくブルーになりますし…
私のメカニカル2機は、やはりブルーLEDですから…
うぅん…時代なんでしょうかねぇ…
まぁ、そこは打ち心地には関係ないので、あんまり気にしない事にします。
ただ、グレーという事で汚れは目立ちそうですね。
それを『汚れ』と見るか『歴戦の雄姿』と見るかは、人それぞれかも。
私は汗かきなので…黄ばみそうです…(苦笑)

次は『変加重』ですね。
これも、このキーボードのトピックなんじゃないでしょうか。
この変加重というのは、それぞれのキーの押し下げ加重が違っている、という事です。
つまり…
ホームポジションに手を置いた時、
小指で打つキーは軽く、人差し指で押すキーは重く、設定されているのです。
まぁ、重いといっても、やはり軽いんですけどね。
それから、キーがとても静かなのも特徴かも。
私は昔から、底付きするタイピング方法。
メカニカルを使っていた時には、結構カツンカツンと音がしていましたが、
これは同じ打鍵方法でも、更に静かですね~。
茶軸よりも静かに打鍵できます。
まぁ、青軸は音が売りなので比べませんが(笑)

で、このキーボードには『ウインドウズキー』が2つ、装着されていません。
本来あるべき場所は、キーが全く無い『空白』の場所になっています。
まぁ、ウインドウズキーなんて私は使いませんし、
そもそも邪魔扱いしていましたから…
間違って押して、スタートメニューが開いてしまった…
なんて事態とはオサラバです。
あぁ、快適…(笑)


それにしても、本当にこのキーボードは打ち心地が最高ですね!
加重も最適ですし、何よりこのキースイッチの感触が最高…
メカニカルキーボードに替えた時も、その打ち心地には感動していましたが、
これはもう別格ですね…
メカニカルの更に上を行く感じ。
それでいて、メカニカルの様なチャタリングの不安は無い訳ですから…
いや、これは良い…!
それから、心なしかタイピング速度も速くなった感じがします。
サクサク打てるというか、キーのレスポンスが良いというか、
やはり、この変加重キースイッチのお陰かもしれません。
ここまで打って、小指等が疲れてきた…という感覚は皆無です。
…いいですね、このキーボード…
ドラノベ用に、いつかもう1機買おうかな…
いや、冗談抜きで本当に。

そういえば、前回のメカニカルキーボードを使った期間は…
約半年でしょうか。
購入したのが昨年末なので、大体半年なんですね。
半年間、茶軸でブログを更新してきて、これからは静電容量無接点方式のキーボード…
前回のメカニカルは『MADE IN ガイコク』だったのですが、
このキーボードは『MADE IN ジャパン』です。
国内生産!
信頼の日本製!
ニッポンのキーボードだって、良いキーボードあるのだぞ…!

何はともあれ、茶軸は半年間、お疲れ様でした。
当分の間、化粧箱の中でお休みですが、また機会があれば出して使う事でしょう。
あ、それから…
このキーボードの購入価格は『16280+1050』でした。
いや、上にも書いた通り、ノートPCにはPS/2コネクタなんて無くてですね…
しぶしぶ変換コネクタを購入した訳です。
んー…
こんな事なら、普通にUSBモデルを買えたかも…
まぁ、そこは良しとします。
いずれPCを買い替えて、またキーボードが増えそうな気がしますし…(苦笑)


では、最後になりますが…
私がこの『静電容量無接点方式』のキーボードを購入しようとしたキッカケは、
展示機の試し打ちでした。
メカニカルの時も、やはり試し打ちがキッカケでした。
『メンブレン→パンタグラフ→メカニカル→静電容量』と、
私は重症化していってしまいましたし…
ですので…
パソコンのキーボードを安価な物で済ませたい方、
又は、特にキーボードにこだわらない方は、
興味本位で高価なキーボードを触らない様にして下さい。
万が一にも、その感触がクセになり、高いキーボード購入しよう!
…なんて事にならないとも言えません。
まぁ、触る事が悪い事ではないのですが、
購入を考えていないのに、その感覚がヤミツキになって買ってしまった…
なんてのは、キーボードに限らず、よくある話しです。
ですので、キーボードを安価で済ませたい方・こだわらない方は、
安易に試し打ちをされない様、お願いします。

ただ、もう購入を検討されている方は、是非試し打ちをしてみて下さい。
やはり、こういった物は自分自身の手で触ってみるのが一番です。
自分の手に合ったキーボードが、必ず見つかるハズです。
それが静電容量なのかメカニカルなのか、はたまたパンタグラフなのかは分かりません。
ただ、長く付き合う物ですから、やはり試し打ちをしてからの方が納得しやすいと思います。
是非、試し打ちをしてみて下さい。


そんなこんなで、今日からこのブログの更新は東プレ製キーボードでお送りしていきます。
毎日打てれば、毎日更新が出来るという訳ですが…
打ちたいですねぇ…
打てれば良いですねぇ…
…打てる様に頑張ります(苦笑)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【東プレ REALFORCE LA0100】

どうも、ご無沙汰しています。ここ数日、天国と地獄を味わった岩田です。まぁ…色々とありましたね、ここ数日は。仕事で1日の間に立て続けて悪い事が起こったり、SOLiVE24全国ツアーi...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岩田

Author:岩田
素敵なドラゴン、いないかな…

ドラゴン・龍・爬虫類好きな、
ドラゴンノベルを書いてる人。
趣味は和太鼓・DTM・自動車関係・自転車・ラジコン・
ゲームなどなど。

訪問者数
最新記事
カテゴリ
リンク
月別カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
ユーザータグ

ドラゴン  振り返り センコークーラ フィー ドラゴンドライブ フィット ドラノベ ポケモン アルト 燃費 イラスト DTM ヨーヨー ヘッドホン SOLiVE24 ノベル イヤホン リザードン 桶太鼓 ドラゴンセイバー  ノベログ 献血 サンダードレイク 太鼓 MIDI チャッパ  インテ 備忘録 mp3 シンダー オリジナル トライバルドラゴン 色違い チョコボ ラジコン デザートゲイター スパイロ バハムート チョコボスタリオン プリンター 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。