スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pentel GRAPH 1000

今日のネタは、昨日がボールペンだった事もあるので、筆記具繋がりでシャーペンです。
ぺんてる社の『グラフ1000』
私の中では製図用シャーペンの傑作です。


このグラフ1000、その名前にもある通り、価格は1000円クラス。
同クラスの製図用シャーペンは、前にも記事にしました。
同社のグラフギア1000ですね。
その記事はコチラ→ 『Pentel GRAPHGEAR1000』

ホームセンターや大型スーパーの文具コーナーでは、なかなか見られないシャーペンなので、
ちょっと知名度はグラフギアシリーズに劣ってしまいますが、
こちらのシャーペンの方が、歴史があったりするんです。
私が初めて出会ったのは、確か以前、何周年記念かで限定発売された、
『グラフ1000 リミテッド』
でした。
製図用シャーペンは、通常なら本体のカラーバリエーションはありません。
ですが、このリミテッドは何種類かのカラーバリエーションを用意。
まさに『記念品』的な製図シャープでした。
もちろん性能は変わりませんが。

で、その時に出たレッドカラーのグラフ1000が欲しくて欲しくて…
気にかけて探していたんですが、結局レッドは売り切れ等で見つからず。
なので、シルバーのグラフ1000(0.5mm)を購入しました。
初めから、レッドが無ければシルバーかな…なんて、目途は付けていました。
まぁ、シルバーは白に近い色なので、これもアリかな…と。
白は私のパーソナルカラー。
トレードカラーではなく、パーソナルカラーです。
好きな色…ってだけですので(笑)


話しをペンの性能面に変えましょう。
このグラフ1000、とにかく重量バランスが絶妙でして…
同価格のグラフギア1000は、一応低重心になっているんですが、
金属パーツが多く使われていて、全体的に重いんですよ。
グリップ部分までもが金属ですから、そりゃ当然ですよね。
変わって、このグラフ1000は金属パーツが少なめ。
適度に軽く、適度に重い。
それでいて、きちんと低重心設計になっています。
もうね…
このバランスの良さは、持ってみないと分からないんですが、
とにかく私は『最高バランスの製図シャープ』だと思いますね~。

そんな絶妙バランスの製図シャープ…
その感触を、是非とも0.3mmのシャープでも使いたい!
…てな訳で、0.3mmのグラフギア500がある事も忘れ、
0.3mmのグラフ1000を購入しました。
さすがにリミテッドは見当たらなかったので、通常のグラフ1000です。
通常版は『FOR PRO』と書かれているんですが、
それもなかなか格好良くて…
フルブラックのボディと相俟って、
製図用ながら、かなり『クール』な外観になっています。
まぁ、地味と言えばそれまでですが…


最後に、ここまで登場してきたシャーペンを、並べて写真に撮ってみました。

PEN.jpg

左から…
グラフギア1000(0.5mm)・グラフ1000リミテッド(0.5mm)・
グラフ1000(0.3mm)・グラフギア500(0.3mm)
…という並びになっています。
こうして見ると、形状・材質の違いが分かりますね。
グラフギア1000はペン先収納機能があるので、ペン先を出した状態にしてあります。
それでも、一番長かったのはグラフギア1000でした。
まぁ、微々たる差でしたが…

そうそう、ちなみにですが…
このグラフ1000なら、グラフギア1000よりも筆記には向いていそうです。
やはり重量バランスが良いからですが、
まぁ…やっぱり製図用ですからね。
デザイン・製図で使う方、もしくは、こういったデザインが好きな方…
そういった方々向けでしょうね~。
1000円クラスで筆記向けなら、結構良いシャープ買えますからねぇ…

しかしまぁ、製図用としてはポテンシャル高いと思うので、
グラフギア1000かグラフ1000か…
同じ価格と言えど、個人に合った物を使えば、より快適に製図・デザインが出来ますので、
気になった方は、大き目の文房具店を探してみてはいかがでしょうか。
ひっそりとあったりしますよ(笑)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【Pentel GRAPH 1000】

今日のネタは、昨日がボールペンだった事もあるので、筆記具繋がりでシャーペンです。ぺんてる社の『グラフ1000』私の中では製図用シャーペンの傑作です。このグラフ1000、その名前に

コメントの投稿

非公開コメント

No title

クルトガに出会ってからというもの、クルトガが無いと生きていけない体になってしまいました。

江口 ゆうすけさん、コメントありがとうございます。


> クルトガに出会ってからというものー…

私はクルトガは『NO』ですね。
というか、クルトガを使うというのが『NO』です。

クルトガの技術は素晴らしい物だと思っています。
ただ、その技術に頼って、自分で芯(ペン)を回転させない…というのは、
やっぱり自分の中では納得出来ないので。

ある意味『一番おいしい部分を使えない』というのが、
クルトガのデメリットでもあるのかも。
均等に芯を使えるという事は、とがった部分を残せない、という事。
例えばですが、デザインの時なんかは芯のとがった部分を残しておいて、
その部分を細部に使ったりします。
クルトガだと…恐らく不可能なのではないでしょうか?
自分自身で芯を制御出来ないという事は、
やっぱり、こういったデメリットも考えねばなりませんね。

やはり文房具は、使用目的に沿った物を導入するのが一番ですね~。

シャープペンシル

こんにちは。自動車のことでコメントを付けさせてもらいましたが、文具やイヤフォンの記事もあるのですね…。

勤務先の技術者がグラフギアを愛用していました。

私は事務職でしたので、パイロットのSシリーズにたどり着きました。安いのに口金と芯との間のガタがないのが気に入っています。マークシート試験ではパイロットS3の 0.9mm のおかげで合格できたと(勝手に)思っています。

最近よく使うのが三菱鉛筆のボールペン「ジェットストリーム」の 1.0mm です。インクが盛大に出てなめらかで黒々。通訳時のノート取りに最適です。薄い紙だと裏抜けするのと、インクがすぐなくなるのとが弱点でしょうか。「聞き書き」する人に愛用者が多いようです。

Shiraさん、コメントありがとうございます。
お返事が遅くなり、スミマセン…!


> 文具やイヤフォンの記事もあるのですね…。

幸か不幸か、多趣味な事がブログにも表れてしまい、
こんなカオスなブログとなってしまいました(苦笑)
本来であればブログタイトルの通り、
『ドラゴン・龍・恐竜・爬虫類』が主体なハズなんですけど、
なかなか竜成分を増やす事が出来ず…
気持ちはいつも『竜と共に』あるんですが…


> 勤務先の技術者がグラフギアを愛用していました。

グラフギア、なかなか良く出来た製図シャープだと思います。
500は基本を押さえつつも、口金からグリップまで金属で一体成形されてタフな作りになっていますし、
1000は正統進化しつつ、持ち運びの安全や更なる持ちやすさの追求がされていました。
まぁ、1000は重い分、好みが分かれそうですが、
500はコストから見ても、かなり良いんじゃないかと思いますね~。
どちらも愛用しています。


> 私は事務職でしたので、パイロットのSシリーズに~…

S3、私も持っています!
価格が300円という低コストにも関わらず、
口金が金属でロングガイドパイプ仕様になっている点が好きだったりします。
このペン先仕様から、私は主にイラスト用に使っていますね。
ペンの全体的な作りが筆記・製図どちらも対応出来るオールラウンドなデザインで、
しかもこの価格ですから、かなりコストパフォーマンスは良いんじゃないかと思います。
使う場面を選ばないですし、使いやすいペンですよね。

実は私、筆圧が強い人間でして、
先端がプラスチックだと、ペンがダメージを負ってしまう程なんです。
過去に、ペン先がプラスチック製のペン2~3本に、ヒビを入れてしまって…
それからは先端が金属の物を使っています。
イラストではグラフギアやグラフ1000といった製図用、
筆記ではドクターグリップGスペックがメインでした。
プラスチック製のペンは、筆圧に気を付けつつ使う様になりましたが、
やはりガツガツ書く時には、先端が金属のペンを使いますね~。


> 最近よく使うのが三菱鉛筆のボールペン「ジェットストリーム」の 1.0mm です。

ジェットストリーム、私も愛用しています。
以前は0.7mmを主体としていましたが、
0.5mmが出てからは0.5を主体とし、
最近では0.38mmも出たので、それを主体に…はしていません。
まだストックのリフィルが残っているので…(苦笑)
ちなみに、私はジェットストリームを単体で使う事もあるのですが、
主に、同社の『スタイルフィット』で組み込んで使っています。
ジェットストリームの黒0.5mm・赤0.5mm・シャープペンという、
至って標準的な多機能ペンの組み合わせで、
ジェットストリームの多機能ペンと同じ組み合わせでもあるんですが、
実は『スタイルフィット』のリフィルの方が、少しだけインクが多いんです。
しかも、両者のリフィルの値段は同じ。
ただ、多機能ジェットよりも、リフィルの長さが長くなっています。
なので、多機能ジェットも持っているんですけど、
それに使うリフィルも、スタイルフィットのリフィルをカットして挿したり…
ケチ臭い事をしています(苦笑)
スタイルフィットと多機能ジェット、グリップは多機能ジェットの方が良いんです。
それがリフィルをカットして挿す一番の理由でしょうか。

私は字が雑でして、太い物を使うと字が潰れてしまうので、
どうしても細いペンに手がいってしまいます。
それに、細ければ微量ではありますが、インクの節約になるので、
ジェットストリームの様にインクがしっかり出るペンであれば、
調度良いかな…なんて思っています。
ただ、細くなる分『なめらかさ』が無くなっていくので、
なめらかな書き味を求めるとなると、ペン先は太い方が良いんですよね。
私はどちらかというと『書き味が重い』方が好みだったりするので、
ジェットストリームのコンセプトと反するのですが、
やはり『油性での発色の良さ』も魅力の一つですし、
そういった点から、ジェットストリームの細めを選んでいたりします。
私にとっては0.5mmも0.38mmも、かなりなめらかに感じますね~。

『聞き書きする人に愛用者が多い』というのは納得です。
これだけサラサラと書けるボールペンであれば、
早く書くのも幾分かラクになるでしょうから、
性能あっての実績という感じがします。
速記をする人なども愛用していたりするかもしれませんね。
プロフィール

岩田

Author:岩田
素敵なドラゴン、いないかな…

ドラゴン・龍・爬虫類好きな、
ドラゴンノベルを書いてる人。
趣味は和太鼓・DTM・自動車関係・自転車・ラジコン・
ゲームなどなど。

訪問者数
最新記事
カテゴリ
リンク
月別カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
ユーザータグ

ドラゴン  振り返り センコークーラ フィー ドラゴンドライブ フィット ドラノベ ポケモン アルト 燃費 イラスト DTM ヨーヨー ヘッドホン SOLiVE24 ノベル イヤホン リザードン 桶太鼓 ドラゴンセイバー  ノベログ 献血 サンダードレイク 太鼓 MIDI チャッパ  インテ 備忘録 mp3 シンダー オリジナル トライバルドラゴン 色違い チョコボ ラジコン デザートゲイター スパイロ バハムート チョコボスタリオン プリンター 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。