スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラフギア500

今日はこれといったネタが無かったので、
私の愛用しているペンでもネタにしようと思います。
前回紹介したグラフギア1000の半額の製図用シャーペン、
グラフギア500です。


私とこのグラフギア500は、長い付き合いでして…
私が高校生の時からの付き合いですから、実に10年程になります。
おぉ、太鼓よりも長い(笑)

私の記憶では、確かグラフギア500は、1000よりも古参だったハズ。
その後に、1000が出てきたと思うのですが…
ちょっとそこら辺はあいまいです。
ですが、この500が歴史があるペンなのは事実。


製図用シャーペンとしては、基本的な部分を押さえ、かつそれなりの価格。
重心も低く、それでいて全体的には軽い。
まさに製図用シャープとしてのベストセラーなのではないかと思います。
それでいて、筆記にも十分に通用するだけのバランスですから、
下手な100均シャーペンよりは断然書きやすいのではないかと。

グリップは金属なので、そこは好き嫌いによりますが、
シリコンのように、長い目で見た時に劣化する物ではないので、
大切に使えば、とにかく長く使う事が出来るシャーペンでもあります。

まぁ、元が製図用として設計されているペンですから、
ちょっと持ち運びには不便ですね。
グラフギア1000なら、ペン先を収納出来る設計にになっていますが、
この500は固定式。
ペン先は常にとがったままなのです。
なので、持ち運びには筆箱は必須。
ポケットに入れて携帯…なんてのは、ポケットに穴を開けるようなものです。


1000の時同様、メカメカしいデザインが好きな方には、ちょっとオススメ出来るかもです。
この500なら、希望小売価格は500円。
ホームセンター等では、400円で売られている事もあります。
ですので、製図用としてはとっかかりやすい価格でもあり、
見た目で買うにも、そんなに高いペンではありません。
なので、デザインがカッコイイと思った方にも、ちょっとはオススメ出来ます。

長い時間の連続筆記は、持ち方によっては指が痛くなるかもしれません。
グリップが金属で固いですからね。
ただまぁ、根が製図用ですので、
数学とか理科とかで図形を描く時なんかには、その性能を発揮出来るんじゃないかなと。
筆記用としても別に悪い訳ではないので、コストパフォーマンスは悪くないと思います。


このご時世、色んな特徴を持ったシャーペンが出てきています。
ドクターグリップなんて、シャーペンのベストセラーだと思いますし。
何にせよ、シャーペンだから安い物で…でも良いですが、
ちょっとこだわってみるのも悪くないですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岩田

Author:岩田
素敵なドラゴン、いないかな…

ドラゴン・龍・爬虫類好きな、
ドラゴンノベルを書いてる人。
趣味は和太鼓・DTM・自動車関係・自転車・ラジコン・
ゲームなどなど。

訪問者数
最新記事
カテゴリ
リンク
月別カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
ユーザータグ

ドラゴン  振り返り センコークーラ フィー ドラゴンドライブ フィット ドラノベ ポケモン アルト 燃費 イラスト DTM ヨーヨー ヘッドホン SOLiVE24 ノベル イヤホン リザードン 桶太鼓 ドラゴンセイバー  ノベログ 献血 サンダードレイク 太鼓 MIDI チャッパ  インテ 備忘録 mp3 シンダー オリジナル トライバルドラゴン 色違い チョコボ ラジコン デザートゲイター スパイロ バハムート チョコボスタリオン プリンター 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。