スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンノベルお知らせ

えー…、以前、今月中に新しい章をアップすると宣言しましたが…
ちょっと遅れております…
楽しみにされていた方には、残念なお知らせになってしまいました。申し訳ないです。

特に今回のお話は、物語の転換期に当たりますので、言葉を選びながら書いていると時間がかかってしまって…
これはどう説明したら、読んでいる方にも伝わるだろう、とか。
イラストで説明した方が分かりやすいんですが、イラストを描くには時間がかかってしまうので…
ある程度書き終わったら、イラストも導入していきたいとは思っているんですが、
今はとにかく文章を充実させる事が先決だと思いますので…。
文字で説明するのって、結構難しいと身にしみました。

さて、そんなお知らせだけでは、読んでいる方もガッカリするだけなので、新しい情報を公開しますよっ!
次のお話しのタイトルが決定しましたので、今回はその告知という事で!
そのタイトルは…


『離陸へのインテルメッツォ』


です。
今回のお話は、物語がガラリと転換するポイントになります。
それ故に、タイトルに使う言葉も慎重に選びました。
『インテルメッツォ』というのは、音楽用語ですね。
詳しく書くと長くなるので、気になった方は検索してみて下さい(笑)

まぁ、プレリュードも音楽用語な訳ですが、こちらはそれなりに知られていますよね。
ソナタだとか、エチュードだとか、フーガだとか、ワルツだとか…
この辺りなら、音楽に詳しくない方でも、耳にした事がある用語なのではないでしょうか?
ソナタって、別に冬じゃなくても良いんですよっ(笑)
…っていうか、別に初めから冬は関係ないのですがっ!


話しがそれていきましたが、ただ今 『離陸へのインテルメッツォ 前編』 執筆中です。
予定より遅れてしまいましたが、今週中にはアップ出来そうです。
もうしばらく、お待ち下さい。
スポンサーサイト

サンダードレイク

という訳で、19日に発売されたハイパーヨーヨー『サンダードレイク』
買って来ました!!

サンダードレイク

例のトイデジで撮影。これはひどい(笑)
写真はともかく、今回の主役はサンダードレイクなのです。


私は、旧世代のハイパーヨーヨー世代なので、今こうしてシリーズ再燃されているのが嬉しくて嬉しくて!
まぁ、いつまでたっても初心者のままですが、息抜き程度に触ったりしてます。
旧世代の愛機は『ハイパーミレニアム』でした。グリーンカラーの細いヤツ。
シャープな動きが好きすぎます。

最近のハイパーヨーヨーだと、『モンスターシェル』なんか使いやすかったですねー。
ノーメンテで良いし、その絶妙な重量がループしやすかったです。
後は、『スピンフェニックス』も良かったです。
なかなか使いやすくて、万能的なバランスの持ち主だったり。
ヨメガ好きな私は、そのまま『ストームタイガー』も使ってみましたが、結構難しいですねー。
メタルベアリングは伊達じゃない、といった所でしょうか。下手すると暴れます。
もちろん私が下手なだけですがっ!

さて、ハイパーヨーヨーでもドラゴンがいくつかラインナップされていますね。
当然、私は『クロスドラゴン』が出た当日に買いに走り、プレイ用・予備・その予備と三機持ってます。
まぁ…、クロスドラゴンはクラッチが付いていますから、入門的な機体ではあります。
回転が弱くなれば自動で戻ってくるので、失速する事はありません。
旧世代の方には、『ハイパーブレイン』と言った方が、分かりやすいでしょうか。
一応プラスチックベアリングなので、それなりに回ってくれます。
ただ、自分で戻そうとするとなかなか戻ってくれなかったりします。じゃじゃ馬です。
それでも強引にループプレイとかやりましたが(笑)

その次は、カスタマイズヨーヨー『ハイパークラスター』のボディとして登場しましたね。
『スラッシュドラゴン』
まぁ、ハイパークラスターはコアの精度がブレブレなので、オススメは出来ないですが、
遊ぶ為なら、これでも十分…かな?
やっぱり『クラッチコア』と一緒に出ましたね。
どうやら、ドラゴンはクラッチ担当らしいです。ふむー…
私は、クラッチ機ならクロスドラゴンとハイパーブレインがあるので、もういらないです。
ので、スラドラのボディは『スターコア』に搭載しています。
コアはスター。パッドタイプは磨り減るのでちょっと…
なので、スターコアでいくつかバリエーション組んで、数個持ってます。
まぁ、そもそも精度が悪いんだから、クラスターはお遊び用でしょう。

で、ようやく実践向け(?)なドラゴンが出た訳です。それが『サンダードレイク』
まぁ、クラスターは精度が…(ry
初のヘキサ型ボディ搭載機。でも『レーザーコア』なんていらないです…
LEDを搭載していて、回転すると発光するらしいのですが…
そもそも電池なんて組み込んだら、コアの重量バランスが狂って…
あ、クラスターは元々精度が悪いからいいのか。
…うん、他のコアに移して使おう。

ヨメガ辺りから、新型のドラゴン機、出ないかなー…
クラスターでは精度が悪くて、何か気持ち悪い…
初めからしっかり組み立てられているヨーヨーの方が良いです。バランスは。
なので、クラッチ機じゃないドラゴン機を、ヨーヨーメーカーが出してくれるといいんですが…

まぁ、ハイパーじゃない競技用ヨーヨーでも狙いますか。
ヨーヨージャム社の『ドラゴンジャム』とか、なかなかカッコよさそう。
………今はいらないな(笑)

トイデジタルカメラ

こんなの買ってみました。

トイデジカメ

トイデジタルカメラ。俗に『トイデジ』なんて言われてるみたいです。
さすがにお古の携帯のカメラでは、何か気分が乗らなかったので、ちょっと買ってみました。

スペックは…
・30万画素(300キロピクセル。キロですよ、キロ!)
・一応CMOSセンサー
・最高サイズはVGA
・VGAだと、26枚まで撮影可
・電源は単四×2
・電源供給が無くなると、設定も記録も全て消える
・webカメラ機能搭載
・オートフォーカス?…なにそれおいしいの?
・ズーム?…なにそれおいs(ry

…こんな所でしょうか。30万画素とか(笑)
メガで表すと、0.3メガピクセルですねー。
折りたたみ式携帯が出始めた頃の、携帯のカメラ並みでしょうか。
お古の携帯のカメラより、画素数落ちてるじゃん(笑)
そもそもAF無いとか、まさに『トイ』な感じ丸出しです。

いや、高いトイデジとかもあるみたいですし、スペックも良いようですが、これは…
2000円でお釣りが来たので(笑)
まさに『トイ』ならぬ『オモチャ』
そんな事言っちゃ失礼ですよね、カメラに変わりは無いハズ!
…って事で、試し撮り!

「そんなカメラで大丈夫か?」
「大丈夫だ!問題無い!」

リザードン

「神は言っている…、これはオモチャだと…」

オモチャだった…。やっぱりオモチャだった(笑)
30万画素じゃ、こんなモンかー…
手ぶれもしやすいし、もちろん補正なんかしてくれません。
手持ち撮影なら、とにかくブレない様に気を付けねばいけないです。
それに!
一応ファインダーも付いているんですが、ファインダーで見た通りに写らない(笑)
見た目からだと、左側が結構広い範囲を写しています。
写った画像の一部分を、ファインダーで見ている感じ。
うん、ダメだこりゃ(笑)

そんなショボショボトイデジですが、このトイデジにはまだ機能があります。
『セルフタイマー10秒』『三連写撮影』『三脚用のネジ穴』
…そもそもファインダーで見た物とズレて写るのに、タイマーとか有ってもなぁ…
三連写は…、オマケ程度かなぁ。
正直、使う場所が分からん…。ブレ酷いし…。
三脚に固定出来るのは、唯一の評価点かも。ブレなくなるので。
でも、よくよく考えれば、三脚に固定する程のカメラか…?
なるほど、三脚に固定して、セルフタイマーを発動するのか!
うん、無いな(笑)


まぁ、ブログ用にちょこちょこ使っていきたいと思います。
クオリティが低いという事は、モザイクをかけなくても良いですし…
個人とか特定出来るクオリティだったら、その必要がありますけど、そもそも無理じゃないかなー…

しばらく感覚をつかみながら、太鼓とかでも使ってみようと思います。
案外、意外なおもしろ画像が撮れたりして…

2011 岐阜基地航空祭

さぁ、今年も行ってきました航空祭!
昨年は、小雨の降る中ブルーインパルスを撮ったり、雨の中自転車で帰ったりと壮絶な航空祭でした。
が!
今年は天気もバッチリ!…すぎた(後述)


まず、今回の航空祭の目的を、事前に明確に決めておきました。

1.昨年撮りきれなかった航空機、及びF-2を舐めるように撮る
2.その付随する装備品や、ガレージ、コントロールタワーも収める
3.間近で戦闘機のジェットノイズを体感しておく
4.ブルーインパルスは、とりあえず見る事を優先する

こんな感じです。
今年、そんなにブルーインパルスを写真に収めないのは…

1.昨年撮ったから。又、その分の容量を他の機体に使いたいから
2.この程度のデジカメで、上空を高速で飛び抜けていくT-4はキレイに収められないから

ですね。
なので、ブルーは見て楽しむのを優先という事で!
昨年は最後まで粘って、帰投するのを目で見て写真にも収められたし…。今年は楽しむ事にします!

何故、ここまで機体の撮影にこだわるか、というと…
今はそんなにお話出来ないのですが、作品に関わってくるのです。
とにかく自分の肉眼で見て、写真に収めて、体で感じる。これが今回は重要でした。
ので、とにかく航空機に重点をおきました。


私が基地に到着した時には、2回目の展示飛行が始まっていました。
近くをF-15が飛んでいく時の、あのビリビリと伝わってくる爆音。凄まじかったです。
ヒューンというエンジン音の中に、ウーファーから聞こえてくるような風きり音が混じって聞こえる。
ヴォーって音なんですかね。表しにくいですが、そんな音が混じっているのが分かりました。
コレだけでも、今回の収穫としてはバッチリです。十分『体感』してます。
エリア88のマンガの中で『ビリビリ…』なんて擬音語が使われてましたが、まさにその通りだなと。

その次はC-130の飛行。
コレはまぁ、プロペラ機なので、ターゲットとしては優先度が低いです。
この次がブルーの展示飛行だった事もあり、この時間で陸上展示の戦闘機を撮りまくる事に。

で、まずは昨年バッテリーの関係(だったと思う)でしっかり撮れなかった、T-2CCV。
今年は昨年と展示場所が変わっていたので、ケツが撮れない!!
…まぁ、それでもしっかり撮りました。ケツ以外は。
ケツケツ書くとアレなので、リアにしましょうか(笑)
記事をしっかり読んでない方とかに誤解されてもねぇ…
戦闘機のリアの事です。尾翼とか、ジェットノズルとか。
何て補間だ…(笑)

次に行ったのはコレ!
当ブログ初画像は、この機体!

F-2_1

僕らのF-2、ヴァイパーゼロ!
きゃー、ヴァイパーかっこいー!かわいー!(笑)
いや、背中が青いのに、お腹が白いとか、かわいいじゃん!
まさにウミヘビカラー!!
いや、洋上迷彩です。ちょっとヴァイパーにちなんでヘビにしただけです。意味は無いです。

元になったF-16はそんなにですが、F-2は好きですねー。
カラーが違うだけじゃないんですよ、この2機は。
ストレーキや水平尾翼、キャノピーなんかの形状が違うんです。
もちろん、細かく比べれば全然違いますが、パッと見で分かるのは、大体こんな所…かな?
F-2かわいいよF-2!(何

まぁ、F-2は昨年も舐めるように撮ったのですが、今年最大の収穫は…

F-2_2

コレ。
…アレスティング・フック…だと…!?
F-15とかF-4に装着されているのは知っていました。
ですが、まさかF-2にまで!?
ぜんっぜん気が付かなかった…。

F-2_3

あー、あるわ。
うん…、ある(笑)

昨年も同じアングルで撮ったハズなのに、おかしいなー…
とりあえず、F-2のアレスティング・フックの存在を知ったのは、今年の航空祭最大の収穫です(笑)


で、その後はブルーインパルスの展示飛行を見た訳ですが、今年は基地の南で見た方が正解でしたね。
いや、それには理由があるんです。
薄っすらと雲がある状況で、太陽が南方向の真上に来てしまったのです。
時期が時期ですから、太陽の位置も低くなっていたんですよね~。
ハートなんか、スモークオンする場所が太陽のど真ん中だったので、まぶしいまぶしい…
スターも中心に太陽がきてましたし、ちょっと見にくかったですねー。
そんな理由から、基地の南から見た方は正解だったと思います。
まぁ、ランディングやソロ演目は見れないでしょうが…


ブルーインパルスの後は、撮りきれなかった機体をカメラに収めて、基地を後にしました。
3回目の展示飛行が終わる頃に、帰宅した感じです。

今年の航空祭は、私の中では大収穫でした。
昨年の画像と合わせ、良い資料になりそうです。
それに、何より今年はジェットノイズを体感出来た事。これも大きいです。
動画やゲームでは味わえない、体に直に伝わってくる振動。
思わず目を塞いだ程の爆音でしたが、これも良い体験になりました。
行けて本当に良かったです!

次回の航空祭も、是非行きたいですねー。
次のターゲットは…、飛行中の機体かな…?

サイクロンマグナム ビートマグナム

たまたまネット検索をしていたら、懐かしい物を見つけました。
20以上の方なら、聞いた事あるのではないでしょうか?
『ミニ四駆』
今でもオモチャ売り場で見かける事ができますが、特に今回注目するのは…


『サイクロンマグナム』
『ビートマグナム』


サイクロンマグナムは、今でも一番売れた模型の座を譲っていないようですが、
この二台には思い入れがありますねー。
特にサイクロンは、『TRF』モデルで地方大会に参加したりしました。
公式の大会ではなく、草試合的な大会でしたが。
もちろん、今から10年以上前の話ですが、今でも忘れないです。
初めて予選突破した時とか、嬉しかったなぁ。

アニメとかも見てました。
マグナムが好きだった私は、サイクロンのかっ飛びがたまらなく好きでして。
マグナムトルネードとか、かっこよかったなぁ…
豪君のあの真っ直ぐな性格は何となく共感できましたし、それも重なってマグナムは好きでしたねー。

そのサイクロンの後継車が、ビートマグナムなのですが、このマシンも大好きでした。
初登場時とかは衝撃でしたねー。
ミニ四駆にサスペンション…だと…!?かっこよすぎる!(もちろん本物はフェイクです)
大径タイヤとか、フラップ付きリアウイングとか、あのカウルの形状。たまらんです。
アニメでも大活躍で、マグナムダイナマイトとか熱かった!

最近気付いたんですが、このビートマグナム、ボディにドラゴンのイラストがあったんですね。
当時は全く気が付かなかった。というか、気にもしなかったです。
今がこんななので(笑)

今でもミニ四駆は大事にとってあります。
でも、ローラーのゴムとかボロボロになってるので、走れる状態ではありませんが…
ベアリングとかもシャーシャー音が鳴るし…ヤバいな~…
まぁ、今後走らせる事は無いでしょうが。
「グリスが固まってるじゃねぇか!」
その手の人には分かるネタですが、それ以上に状況は酷いかと。


ミニ四駆のアニメとか、また見たいですねー。
特にWGP編とか面白かったので、再放送…しないわな…。
ネット上にポツポツ上がってたりしますが、断片的ですし…。
あ~、思い出すだけで懐かしい。当時は熱かった(笑)

ビートマグナムかぁ…、新しく買って素組みでもしようかな…。
え?もちろん飾る用で(笑)

スカイプ導入

世間から大分遅れた感がありますが、本日スカイプ導入してみました。
私はスマホではないので、現在はPCオンリーになりますが。

一応PSPでも使えるようですが、PSPだってアクセスポイントが無ければ意味ないし…
とりあえず、今のところ固定電話的な使い方しか出来ないですねー。
PCを起動するよりはPSPを起動した方が早いですが、バッテリーの心配が付きまといますし…
やはりPCに依存する事になってしまいます…

まぁ、そんなに使う機会も少なそうなので、『とりあえず導入』な状態で様子をみます。
インストール時やアップデート時にもトラブル起きたので、ちょっとねぇ…

ポケパーク2 ツタージャ

以前、このブログでポケパーク2の記事を書いたのですが、
どうもそれ以来、このワードで飛んでくる方が多いんですよね。
そんなにツタ君を取り扱っているページが無いのか!…なんて思ったりしますが…

じゃあ折角だし、ポケパーク2の感想でも書いてみようかな、と思います。
もう発売されてから時間も経ちますし、それなりの情報も流れていると思うので。
ネタバレ的な事は控えますが、控えすぎると感想にならないので、適度に書いていこうと思います(笑)



以下、感想…



とりあえず、前作同様ポケモン達がかわいかった!これに尽きるかと。
特に今作は、操作できるポケモンが4種類なので、それも評価出来るポイントだと思います。
自分はツタージャが好きだったので、操作出来るという事が一番良かったかな、と。
それから、後になって気付いたんですが、ロード画面。これもファンサービスでしょうねー。
一番使っているポケモンなのか、その時に操作しているポケモンなのかは分かりませんが、
それらに該当するポケモンが、必ずロード画面に出てくるっていう。
始めはピカチュウでしたが、ツタ君を使っていた私は、ツタージャが出まくるという状況に!
歓喜!俺歓喜!
ロード中のツタ君のジト目とか可愛い!最高!!
ポカブとの追いかけっこで、ムキになって走るツタ君可愛い!
何これスタッフ分かってらっしゃる!
ロード中も飽きさせない演出がたまらないです。

後は…好きなポケモンでゴリ押し出来る適度な難易度、かな。
とはいえ、私はツタ君で行ったので、ヒットアンドアウェイがラクだったのですが…
他のポケモンでも、スピード強化なりしておけば、全然行けるとは思います。
嫁(リザードン)とか、モエルーワな方とか、バリバリダーな方とか、ツタ君で行けました。
うん、行ける。ツタ君で行ける。大丈夫だ、問題無い。
まぁ、水上戦はミジュマル限定なので、どうしようもないです。ラッコめ…!

他には…やっぱりジャローダ様かな(笑)
その役回り、スタッフ狙っただろとしか言えません(褒めてます)
まぁ、おっとり系な女王様だったので、ツンツンなジャロ様ではないです。念の為。
これでツンツンしてたら、未成年に悪影響だわな(笑)
ジャローダ様素敵でした!
さすがスタッフ、分かってらっしゃる!
ついでに、ダイケンキ先生も格好良かった!アシガタナは確認出来ませんでしたが。

…とまぁ、偏った感想でしたが、全体を通して面白かったです。
操作キャラに好きなポケモンがいる方は、買って損は無いかと。
ツタージャ好きには全力でオススメ出来る良作だと思います。
是非あのロード画面のジト目を…(ry
とにかく!
可愛さ爆発なので、ツタファンは勿論の事ですが、
操作キャラに一体でも好きなポケモンがいたら買いです。

ゲームとしてはアッサリ系なので、難しくもなく進めます。
ポケモンの世界観を楽しめる方は、まさに『当たり』だと思いますねー。
ゲームとして楽しみたい方には、ちょっと薄味かもしれませんが。
それでも、今作は4人対戦が出来るようになっているので、そこもポイントですね。
誰にでも楽しめるお手軽なゲームなので、
『ゲーム下手だけどポケモンは好き』な方にも十分行けると思います。


まだ完全にクリアはしていないですが、エンディングは2回見たので、ちょっと小休止中です。
全ポケモンと友達になったり、操作キャラの全強化もまだだし…
やり込もうと思えば、結構やり込めるソフトかも…
また気が向いたら、ツタ君でガリガリやろうかな。
プロフィール

岩田

Author:岩田
素敵なドラゴン、いないかな…

ドラゴン・龍・爬虫類好きな、
ドラゴンノベルを書いてる人。
趣味は和太鼓・DTM・自動車関係・自転車・ラジコン・
ゲームなどなど。

訪問者数
最新記事
カテゴリ
リンク
月別カレンダー
10 ≪│2011/11│≫ 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
ユーザータグ

ドラゴン  振り返り センコークーラ フィー ドラゴンドライブ フィット ドラノベ ポケモン アルト 燃費 イラスト DTM ヨーヨー ヘッドホン SOLiVE24 ノベル イヤホン リザードン 桶太鼓 ドラゴンセイバー  ノベログ 献血 サンダードレイク 太鼓 MIDI チャッパ  インテ 備忘録 mp3 シンダー オリジナル トライバルドラゴン 色違い チョコボ ラジコン デザートゲイター スパイロ バハムート チョコボスタリオン プリンター 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。