スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイパーヨーヨー ソニックブレスは万能機?

…片付け?
やっぱり終わっていません。
時間はまだまだ掛かりそうです…


さて、今日のネタは久々のハイパーヨーヨーネタです。
『ソニックブレス』
この機種はドラゴンの名称は付いていませんが、
イラストにはしっかりドラゴン付いていますので、
ちょっと使ってみようかな…と思いまして。

私はこれまで、基本的にはヨメガのヨーヨーが主体でしたので、
ダンカンのメタルベアリング搭載機種は初めてです。
ダンカンと言えば…
・ハイパーインペリアル
・ハイパーグロウ
・ハイパーホイール
…を所有していますが、どれもこれも固定軸。
では、初めて使うダンカンのメタルベアリング搭載機の実力は…?

続きを読む

スポンサーサイト

続々・サンダードレイク レビューと原因究明

前回のサンダードレイクの記事から、1ヶ月ちょっと経ちました。
まだまだ、このブログには『サンダードレイク 戻らない』で来られる方が多いようです。
以前にも書いたとおり、今度はパッケージ版、つまりサンダードレイクセットでの検証です。
『MB2 S3 レーザー サンダードレイク』
これですね。
前回のスターコア検証はコチラ 『続・サンダードレイク レビュー』

まぁ、原因はサンダードレイクのボディではなく、コアかベアリングなのですが、
パッケージ版ではサンダードレイクセットがこの組み合わせですので、
とりあえず、サンダードレイクとして行きます。
ドレイク(竜)だからこそ、私のブログで突き詰めていく訳なのです(笑)


さて、本当にサンダードレイクが戻らないのか。そんなに戻らないのか。
まずは、それを検証です。
組み合わせは当然、先にも書いた『MB2 S3 レーザー サンダードレイク』
電池は付けたまま、絶縁タグを外した状態で行います。レーザーコアですからね。
発光させないのならスターコアの方が良いですし、
何より、先の検証でスターコアは戻る事が実証されています。

で、やってみた所…
確かに、どれだけ引いても戻ってきません。ぴくりとも戻る気配なし。
ふむー…
これなら、戻らない検索で来る方が多いのも納得です。


では、何故戻ってこないのか?
スターコアは『MB2 S3』でも戻ってきました。
しかし、レーザーコアは『MB2 S3』では戻ってきません。
…この違いは?

それぞれのコアは、スターバーストパターンで一緒。
それなら、思い当たる節は『重量』です。
電池や基盤搭載による重量の増加、初めはこれが考えられました。
しかし、よく見てみた所、どうやら原因は他にあったようです。
原因は『ギャップ』
つまり、ストリングが通っている隙間の部分、これの幅が原因のようです。

ギャップ幅を計ってみた所…
『MB2 S3 レーザー』…約4mm
『MB2 S3 スター』……約3mm
同じベアリングセットでも、コアの違いでギャップが1mm違いました。
この1mmの違いが、大勢の人を苦しめた原因だったと考えられます。


つまりレーザーコアは、コアの中で一番スリープ力が高く作られていると考えても良いかと。
ギャップが広がれば、当然ストリングにスターが引っかかりにくくなり、
結果として戻りにくい、つまりスリープに入りやすく戻しにくくなる訳です。
こんな仕様ですから、そりゃ最強のベアリングと組み合わせれば戻らないのは当然!
まさかの『バインド仕様機』となってしまった訳です。


さて、では解決策は?
原因が分かった所で、解決策も打ち出しやすくなりました。
ハイパークラスターはカスタマイズ機。
それなら、解決方法はカスタマイズで出す。これが筋でしょう。
バインドで戻して下さいってのは、今回は書きません。
それは解決策としては『?』ですからね。
何度も書きますが、ハイパークラスターはカスタマイズ機なのです。
なので、その解決策も実験してみました!

ギャップがスターコアより1mm広いレーザーコア。
それなら、そのギャップを狭めるベアリングセットにすれば良い訳です。
回転力を落とさずに、それなりにちゃんと戻せる組み合わせ。それは…
『MB S2 レーザー』
これです!

この組み合わせの時のギャップは、約3mm
これは『MB2 S3 スター』の時のギャップと同じ幅です。
で、『MB2 S3 スター』は、前回の検証で戻る事が確認出来ています。
だったら、『MB S2 レーザー』も、戻るハズ…!

で、実践。結果は…
戻ります!
思ったとおり、感触としては『MB2 S3 スター』と同じ感覚で使えます。
スリープ力は大した物で、MB S2とは思えない程のスリープ力!
というか、今までがスターコアだったので、レーザーコアの力で増幅された感じ。


つまり、今回の検証から導き出されるのは…
『レーザーコアは、他のコアよりスリープ特化している』という事。
そして…
『レーザーコアは、ベアリングセットのスリープ力を、一段階引き上げる』という事。

レーザーコアで組む場合、これまでと同じように組んでは痛い目を見るという事ですね。
スターコアと同じスリープ力で使いたいなら、
レーザーコアでは、組み合わせるベアリングセットを1ランク落とさないといけない訳です。


前回のスターコアでの検証結果と照らし合わせるのなら、
このレーザーコアを使う場合、1ランクずらせば良い訳です。
レーザーコアは、ベアリングセットでのスリープ力を、更に上げると考えればOKですからね。
もしかしたら、このコアなら『MB S1』も良く回るのかもしれませんね。
プラベアも、そこそこ回ったりして…

さすがに、そこまでは検証しませんでした。
今回の目的は、戻す為の原因究明ですからね。それは達成しましたし。
それにしても、スターバーストが同じ事から騙されていた感じです。
重量とばかり思っていたのに、実はギャップが1mm違うだなんて…
まんまと、してやられた感がありますが、これで長きに渡った問題も解決です。


どれだけの方が、この記事を読まれるかは分かりません。
それでも、自分としても気になっていたので、解決出来て良かったです。
もう少し早く、この検証を行えば良かったかと思いますが、
サンダードレイク(MB2 S3 レーザー)が戻らなくてお困りの方々、
まだ諦めるのは早いです。
そのドラゴン、手なずけてしまいましょう。
別途、ベアリングセットを購入する必要がありますが、それで問題は解決します。
『MB S2 レーザー』なら、良く回りつつも戻ってきますので、私もお勧めです。
それか、いっその事スターコアを購入して『MB2 S3 スター』にしても良いかも。
どちらも使ってみた感触は似ていましたので、
『レーザーコアにこだわる方はベアリングセット』を、
『コアにこだわらない方はスターコア』を、
それぞれ購入してみてはいかがでしょうか?
このカスタマイズでドラゴンは劇的に変わり、あなたの戦力となってくれる事でしょう(笑)


これで、サンダードレイクの問題は解決ですね。良かった良かった!
結局は…
・カスタマイズする
・バインドする
という、最初からの解決策は変わりませんでしたが、内容が大きく変わりましたよね。
より具体的になったかと思います。
この記事が、どれだけの方に届くかは分かりませんが、
少しでも多くのサンダードレイクユーザーに届く事を祈っています。
部屋の隅ですねているサンダードレイクを、あなたの手で甦らせてあげて下さい。
きっと、サンダードレイクも答えてくれるハズ…!

続・サンダードレイク レビュー

昨日のふたご座流星群、皆さん見れましたでしょうか?
何だか、結構流れたみたいですねー。中継も熱かったです。
前回のしし座流星群より、目視しやすかったのではないでしょうか?
まぁ、やっぱり私は肉眼では見れませんでしたが(笑)


さて、では今日の本題に移りたいと思います。
今回は、まだまだサンダードレイクでこのブログに来られる方が多いので、
前回よりしっかりレビューしようかと思います。
…とはいえ、今回はサンダードレイクの評価というより、ベアリングセットの評価でしょうか。
私はスターコアしか使わないので、同条件になりベアリングを評価するのには良いでしょう。

で、その評価方法は…
・スターコアを4つ用意し、それぞれ別のベアリングセットにする。
・ボディは、サンダードレイクを装着する。
まぁ、簡単な方法ですが、これで行きたいと思います。
やっぱり、『サンダードレイク 戻らない』で来る方もいるので、その方向けですね。
コアはスターですが、そもそもレーザーコアもスター系なので、重量以外は同じかと思います。
なので、サンダードレイクセットを購入された方にも、一応参考になるとは思います。

で、評価ポイントは…
・スリープの状態
・スリープからの戻り
これでしょうね。
戻らないのはサンダードレイクのせいではなく、ベアリングであるのは間違いないのです。
そのベアリングが、どれほど影響し、どれだけ違うのか比べてみたいと思います。


※ただ、これらの評価はあくまで私が感じた事です。
人により感じ方に違いは出ますので、1つの意見として参考程度にして下さい。
また、ハイパークラスターのコアは精度が悪いです。個体差がある機種になります。
これら個体差も、使ってみないと分からない部分になりますので、
そういった意味からも、これらの評価は参考程度にして下さい。
自分自身で一番合うカスタマイズを見つけるのが一番ですが、その参考になれば幸いです。

では…!


◆『PBスターサンダードレイク』

ベターなプラスチックベアリングですが、そのお陰で戻りは良いですね。
ストリングを引けば戻りますので、ルーピングプレイも行けそうです。
試しにフォワード・パスをやってみましたが、これなら十分発展していけそうな感じ。
まぁ、スリープ時間は短めなので、明らかにルーピングプレイ向けですね。
安定感はあるので、ボディをループ系にすれば、そこそこトリックが出来そうです。


◆『MB S1スターサンダードレイク』

いわゆる『ルーピングエディション』
その名は伊達ではなく、ルーピングプレイに向いているように感じました。
いや、プラベアよりスリープに入りにくく、戻りやすく感じたんですよねー。
コアの精度がブレている事も関係するかもしれませんが、何か戻りやすい。
そのお陰で、ルーピングはプラベアよりやりやすいかと。大差があるかは分かりませんが…
まぁ、この組み合わせでスリーピングプレイは厳しいかと。ストリングプレイも同様に。
サンダードレイクのボディでそう思ったので、明らかにループ向きだと思いました。


◆『MB S2スターサンダードレイク』

かなり万能な組み合わせだと思います。
スリープにも入りやすく、ストリングを引けば簡単に戻ります。
スリープ時間も、まさにベアリング機って感じに良く回ります。結構持ちますねー。
それでいて、ルーピングプレイにも対応出来るように感じました。
引けば戻る組み合わせなので、ルーピングプレイも十分出来る範囲だと思います。
困ったらこのセットで組んで練習して、ボディを買い増ししていく。なんてのもアリかと。
クセが無く、何でもこなせる万能タイプかと思いますね。使いやすいです。
裏を返せば突出した性能が無い訳ですが、平均して高いレベルだと思うので困ったらコレ。


◆『MB2 S3スターサンダードレイク』

来ました、『最強』のスリーピング向けの組み合わせ。いわゆる『スリーピングエディション』
戻らない方が続出した(らしい)組み合わせですねー。
このベアリングを『最強』と思うか、『問題児』と思うかは、使用者によります。
さて、久々に使ってみて…
戻らないですか!?
私のは戻りますけど…
いや、初投は回りきっちゃいましたけど、改めてよく確認したら、コアが緩んでいました。
で、コアを締めなおして投げた所………戻りますね。
何度やっても同じで、戻ってきます。もちろんストリングを引いて。
戻らない方、一度コアが緩んでいないか確認してみて下さい。
後、いつもよりやや大きめに引いてみて下さい。
ストリングがスターなりパッドなりに当たる様、たるめる感じに。
これで戻らなければ…個体差だと思います。もうバインドで戻して下さい(笑)
それにしても、よく回りますねー。スリーピングエディションは伊達じゃないという事でしょうか。
スリープにとても入りやすく、やや戻りにくい感じ。
スリープ時間は長いですねー。これまでのベアリングの中で、一番よく回っていたと思います。
一応、ループも出来るかフォワード・パスで確認しましたが…危険かと。
伸びきった後に『クンッ』と一気に戻る感じなので、戻りがスムーズではありません。
この組み合わせでやるぐらいなら、素直にカスタマイズした方が良いでしょう。
まぁ、戻らないでお悩みの方には、そもそもこの組み合わせでルーピングするとは思えませんが。
特性さえ分かってしまえば、良く回ってくれる組み合わせです。
まさに、スリーピング・ストリングプレイ『最強』のベアリングでしょう。


…こんな感じでしょうか。
4種類全て試してみて、どれかに分類するのであれば…
・ルーピング……MB S1/PB
・スリーピング…MB2 S3
・ストリング……MB S2
こんな感じでしょうか。
まぁ、PBは回転力が足りませんので、必然的にルーピング行きですね。

ちなみに、トリックが可能かどうかで分類すると…
・ルーピング……MB S1/MB S2/PB
・スリーピング…MB S2/MB2 S3
・ストリング……MB S2/MB2 S3
こんな感じでしょうか。
簡単なトリックなら、垣根を越えて出来るとは思います。
ただ、やりやすいかどうか…となった時は、こんな感じなのかなと。
MB S1とPBは、どう考えてもルーピング以外では不利ですねー。
PBなら簡単なスリーピングプレイも行けそうですが、MB S1は戻りやすいのでPBより不利かと。

こうして実際に評価してみた結果と、カスタマイズガイド(Ver.4)を見比べてみると…
ある程度、同じような組み合わせになりました。
まぁ、ガイドではMB S1はストリングプレイにも行けるように書いてありますが…
評価結果からすると、MB S1でストリングは無理なんじゃないかなー、なんて思ったりします。
…というか、ガイドだとスリーピング・ストリングの上級カスタマイズは一緒なんですよね。
まぁ、分からない事も無いですが…


何はともあれ、ハイパークラスターはカスタマイズしてこそのヨーヨーです。
何度も書きますが、カスタマイズしないのであれば、メーカー製ヨーヨーの方が良いです。
やっぱり、精度が違ってきますので。
後、クラスターはその構造上、空中分解やプレイ中の緩みにも気をつけねばなりません。
もちろん、メーカー製の物でもこの危険は付きまといますが、クラスターは余計にそう思います。
やっぱり、カスタマイズ出来るという事は、それだけ固定されていない部分も多い訳で。
ボディのガタ、コアの精度・緩み…
カスタマイズしないのであれば、明らかに不利な箇所が多いのです。


ここまで長文で書いてきましたが、この記事が少しでもスピナーの方々に役立てば幸いです。
しかし、百聞は一見にしかず!
やはり自分自身の手で試してこそ、分かる事も多いハズです。
色々と触り、試してみて下さい。


私も、こうして再びヨーヨーに触れて楽しかったです。
最近は曲作り等でゴタゴタしていましたから…
いい気分転換になりました!


※追記…
サンダードレイクセットの検証を行いました。
『続々・サンダードレイク レビューと原因究明』

サンダードレイク レビューと解決策

※サンダードレイクセットの検証を行いました!
最新の評価はコチラ 『続々・サンダードレイク レビューと原因究明』
以下の本文は、古い情報となっています。




最近、サンダードレイクでこのブログにやって来る方が、結構増えているみたいですね。
中には、『戻ってこない』というワードも見られます。
そこで、これまでハイパークラスターの色々なパーツを触ってきた事もあるので、
そんな方に向けたレビューをしてみようと思います。
…まだ私のサンダードレイクは開封していませんが(笑)


はい。
では、まず『戻ってこない』というのは、原因がハッキリしています。
これは同根されているベアリングのせいですね。
サンダードレイクのセット品に同梱されているベアリングは、『MB2』ですね。
この『MB2』は、メタルスペーサー『S3』と合わせて使用します。
そうする事で、シリーズ最高のスリープ力を発揮するとされています。

が!

この組み合わせに問題があるのです。
競技用のヨーヨーなんかでは、戻らないヨーヨーなんて珍しくないのですが…
それを一般層に向けたハイパーヨーヨーでやってしまったのが、この事態を引き起こしてしまったかと。
そりゃ、一般人には『ヨーヨーは戻ってくる物』ってのが常識です。私もそうでしたし。
ストリングを引けば戻る。そんなの当たり前。
…じゃないのです。競技用のヨーヨーからしてみたら。
引けば戻るヨーヨーは、ビギナー向けなのです。競技者からしてみたら。
それだけ、ヨーヨーの世界は広いですし、凄い人達は世界にいっぱいいるのです。
まぁ、偉い事言った私も、ずっと初心者のままですが(笑)

さて、話しを戻しましょう。
この組み合わせ、コアの隙間が他の組み合わせより広いのです。
それが、最高の回転力を発揮するのですが、これが仇となっているのです。
隙間が広くなる事により、コアの内側のスター、及びパッドにストリングが当たらなくなり、
結果として、ストリングを引いただけでは戻ってこなくなってしまうのです。
私も『ブレイズグリフォン』のセットで、同様の経験をしました。
「戻らないなぁ~」と思ってよく見てみたら、こういう事だったのです。
過去に競技用のヨーヨーの動画を見てたので、特に驚いたりはしませんでしたが…
「あぁ、ハイパーヨーヨーで出しちゃったのね…」
なんて、思っていました(笑)
まぁ、まさかって感じではありました。

で、セットのドレイクを購入された方への解決策としては、2つ方法があるかと思います。
一つは、ベアリングとスペーサーを変更する事。
『MB・S2』でも『MB・S1』でも構いません。
『ベアリングセット』を購入して、自分好みのセットに変更する事をオススメします。
とにかく、『MB2・S3』から抜け出す事が重要です。

二つめは、『バインド』という技を覚える事。
これは、ストリングを引いても戻ってこないヨーヨーを戻す為のテクニックです。
ただ、私は出来ません(笑)
『ヨーヨー バインド』なんて検索をすれば、動画や詳しい説明が出てくるかと思います。
これを覚える自信のある方、覚える根気がある方は、セットのままのセッティングでも良いでしょう。
その方が、強力なスリープ力を味方に付けつつ他の技に応用出来るので、スキルアップになりますし。

解決策としては、こんな所でしょうね。
決して『サンダードレイク』が悪い訳ではなく、『MB2・S3』の組み合わせがいけないのです。
『ブレイズグリフォン』にも、これと同じ事が言えますね。
ボディは悪くないので、ベアリングとスペーサーを変えれば大丈夫です。
まぁ、ドレイクの場合『レーザーコア』なので、それが良いかは使用者によりますが…
電池が入ってバランスが悪くなる恐れがあるので、暗い所でのプレイ意外ではオススメしませんね。
だったら、コアも変更した方が戦闘力が上がるハズです。
でもまぁ、そもそもハイパークラスター自体、精度が悪いので何とも…

カスタマイズこそハイパークラスターの真骨頂なので、カスタムせずに使うなら既製品の方が良いです。
ヨーヨーメーカーの作っている既製品の方が、精度が良いのは当然です。
まぁ、私はヨメガ主体でしたが、少なくともスピンフェニックス等は使いやすかったですし。
トラは…ちょっと使用者を選ぶかな?
ただ単にループプレイをするなら、別にモンスターシェルでも十分だと思います。
初心者用と侮る無かれ。抜群のバランスと戻りの良さは、逆に気持ちが良い程。
基本を覚えるには、まさにシェルはオススメの機種ですねー。
クロスドラゴンは…まぁ、ね。クラッチですし、基本を覚えたい方向けかな。
個人的にはドラゴンという事で押したい所ですが、ちょっと何とも…
引いても戻りにくいクセがあるので、形状のわりにループはやりにくいですし。
まさにスリーピング向けですね。
失速の心配は無いですし、プラスチックベアリングでそこそこ回りますし…
しかし、クロスドラゴンでループプレイとか出来る人、いるのかなぁ…
私も強引にやりましたが、なかなか難しい。
スピンフェニックスの方が、格段にやりやすかったですねー。

とにかく!
使いにくいなら、自分好みにカスタムしてこそ、ハイパークラスターなのです!
戻らないなら、ベアリングとスペーサーを変えればいいのです。
バインドが出来る方、覚えられる方は、交換せずにそのままでも構いません。
私は…交換を選びます(笑)


ヨーヨーの世界は奥が深いです。
気になった方は、動画で探してみて下さい。
ハイパーヨーヨーは、その世界の敷居を下げてくれるのに貢献してくれたと思います。
その中から、どれだけの人がトップスピナーになるかは分かりませんが…
競技のヨーヨーは、まるで別次元ですからね。
ストリングが繋がっていないヨーヨーもあるぐらいですから…

しかしまぁ、私には到底無理なので、他の方のプレイを見て楽しむ事にします(笑)

サンダードレイク

という訳で、19日に発売されたハイパーヨーヨー『サンダードレイク』
買って来ました!!

サンダードレイク

例のトイデジで撮影。これはひどい(笑)
写真はともかく、今回の主役はサンダードレイクなのです。


私は、旧世代のハイパーヨーヨー世代なので、今こうしてシリーズ再燃されているのが嬉しくて嬉しくて!
まぁ、いつまでたっても初心者のままですが、息抜き程度に触ったりしてます。
旧世代の愛機は『ハイパーミレニアム』でした。グリーンカラーの細いヤツ。
シャープな動きが好きすぎます。

最近のハイパーヨーヨーだと、『モンスターシェル』なんか使いやすかったですねー。
ノーメンテで良いし、その絶妙な重量がループしやすかったです。
後は、『スピンフェニックス』も良かったです。
なかなか使いやすくて、万能的なバランスの持ち主だったり。
ヨメガ好きな私は、そのまま『ストームタイガー』も使ってみましたが、結構難しいですねー。
メタルベアリングは伊達じゃない、といった所でしょうか。下手すると暴れます。
もちろん私が下手なだけですがっ!

さて、ハイパーヨーヨーでもドラゴンがいくつかラインナップされていますね。
当然、私は『クロスドラゴン』が出た当日に買いに走り、プレイ用・予備・その予備と三機持ってます。
まぁ…、クロスドラゴンはクラッチが付いていますから、入門的な機体ではあります。
回転が弱くなれば自動で戻ってくるので、失速する事はありません。
旧世代の方には、『ハイパーブレイン』と言った方が、分かりやすいでしょうか。
一応プラスチックベアリングなので、それなりに回ってくれます。
ただ、自分で戻そうとするとなかなか戻ってくれなかったりします。じゃじゃ馬です。
それでも強引にループプレイとかやりましたが(笑)

その次は、カスタマイズヨーヨー『ハイパークラスター』のボディとして登場しましたね。
『スラッシュドラゴン』
まぁ、ハイパークラスターはコアの精度がブレブレなので、オススメは出来ないですが、
遊ぶ為なら、これでも十分…かな?
やっぱり『クラッチコア』と一緒に出ましたね。
どうやら、ドラゴンはクラッチ担当らしいです。ふむー…
私は、クラッチ機ならクロスドラゴンとハイパーブレインがあるので、もういらないです。
ので、スラドラのボディは『スターコア』に搭載しています。
コアはスター。パッドタイプは磨り減るのでちょっと…
なので、スターコアでいくつかバリエーション組んで、数個持ってます。
まぁ、そもそも精度が悪いんだから、クラスターはお遊び用でしょう。

で、ようやく実践向け(?)なドラゴンが出た訳です。それが『サンダードレイク』
まぁ、クラスターは精度が…(ry
初のヘキサ型ボディ搭載機。でも『レーザーコア』なんていらないです…
LEDを搭載していて、回転すると発光するらしいのですが…
そもそも電池なんて組み込んだら、コアの重量バランスが狂って…
あ、クラスターは元々精度が悪いからいいのか。
…うん、他のコアに移して使おう。

ヨメガ辺りから、新型のドラゴン機、出ないかなー…
クラスターでは精度が悪くて、何か気持ち悪い…
初めからしっかり組み立てられているヨーヨーの方が良いです。バランスは。
なので、クラッチ機じゃないドラゴン機を、ヨーヨーメーカーが出してくれるといいんですが…

まぁ、ハイパーじゃない競技用ヨーヨーでも狙いますか。
ヨーヨージャム社の『ドラゴンジャム』とか、なかなかカッコよさそう。
………今はいらないな(笑)
プロフィール

岩田

Author:岩田
素敵なドラゴン、いないかな…

ドラゴン・龍・爬虫類好きな、
ドラゴンノベルを書いてる人。
趣味は和太鼓・DTM・自動車関係・自転車・ラジコン・
ゲームなどなど。

訪問者数
最新記事
カテゴリ
リンク
月別カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ユーザータグ

ドラゴン  振り返り センコークーラ フィー ドラゴンドライブ フィット ドラノベ ポケモン アルト 燃費 イラスト DTM ヨーヨー ヘッドホン SOLiVE24 ノベル イヤホン リザードン 桶太鼓 ドラゴンセイバー  ノベログ 献血 サンダードレイク 太鼓 MIDI チャッパ  インテ 備忘録 mp3 シンダー オリジナル トライバルドラゴン 色違い チョコボ ラジコン デザートゲイター スパイロ バハムート チョコボスタリオン プリンター 

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。